☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 愛のない中を生きてきた人ほど、「言語」がちゃんと伝わっていない | TOP | エセ関係、アドバイス・パーフェクト・ナッシング >>
邪悪が思念しているやつに足しなし
いつもこいつもこころがねえなあ。
まあ夢がなければこころもあるわけがない。
ここ数年でこころは壊滅しすぎだろ、たぶん東日本大震災以降、この世界は無いも同然になっている。
この状況の中で、まだ死んでいない僕が異常にしぶといというか、オカシイぞコイツということで、自分で呆れているのだった、僕はまだ風の音とか聴いているからな。

学門っつうのも、そりゃそうだけど、めんどくさいわ。
学門=愛で、合ってるよ、よくまあそんな正しいこと見つけたなと自分で思うけれど、実際その当人にとってみたら、いちいちそんなことは意識してないっつうの。
何かが光り輝いているとか、いちいち、思ったことなかったもんな、ただメチャメチャやさしい女がいて、何かとんでもないキスとか夜とかをくれた(そんときゃもうどれが誰とか覚えていなくて何かに溶け込んでいってしまうんだが)。
あえて、このご時世の他人と比較して説明しようとすると、それをいちいち「光り輝いている」とか「学門と愛」とか言わなきゃいけないわけだが、こちらは元々それしかなかったわけで、元々それしかなかったのだからいちいち説明はつけてこなかったな、今でも説明なんて根本的に役に立たんウソだけどな。

愛されるには、他人に関わらないのが一番。

これ、矛盾しているようだけど、そうではないんだな、このご時世、「人と関わる」ということがスンゲー誤解されているので、もうこの「人と関わる」ということ自体、無縁にしたほうがいい、愛されていりゃそれで十分だろ、どうして初めから愛もない人と「関わる」なんて不毛を思いつくんだ。
生まれてこの方、1分1秒砂粒たりとも、この日の朝と夜と昼とを、うつくしくないと思ったことはない、明らかに邪悪が思念しているところにいったい何の足しと解決がありうるのか、邪悪が思念しているやつやめろよ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |