☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< グッドデザイン賞 | TOP | 永遠無敵のワタシスタンダード >>
向上心と入門の背反
一の方法は、あなたが僕を見ることだ。
僕があなたを見てもしゃあない。
僕にはそりゃ、霊視(笑)の能力があるのかもしれないが、そんなもん何にもならんわといつも僕は言っている。
僕からあなたを見て、あなたの何かがわかったところで、何の足しにもならんわな、そうじゃなくあなたが僕を見ることだ、そして出来れば、もっとマシなものに出会って、そのマシなものをあなたが見ることだ、それが唯一の道だ。

けっきょく、自意識過剰な人は、自分で自分のことばっかり見ているから、自分を見てもらうことにしか興味がなく、それでは進展がない。
自分の出来不出来がどうであり、自分のコンプレックスがどうであり、自分のカルマがどうであったとして、それをジロジロ見ることは、けっきょくあまり役には立たんのだよ。
なんつーのか、目の前に佳きものがあったとして、それを見て「ああ、すばらしい」と、まるで自分自身まで佳きもののように錯覚しているのは、ひどい暴走だ。
学門の徒というのは、目の前の世界がいかに完成されているかを学び、それを通して、身のうちの自分がいかに未完成かを識りなおす人のことだ/学門の道に入るということは、いかに自分が最低クラスかということを識ることだ、そりゃ「入門」したら「入門編」で、そのランクは最低クラスに決まっている。

入門しなければ、あなたは標準クラスでいられる。

ここがミソだな、物事に入門するのはきっと向上心からなのだが、「入門」ということはただちに「最低クラスにようこそ」ということになるのだ、入門さえしなければそんなみじめな思いはしなくて済むのだが……このように「向上心」の野望と「入門」の実態が背反していることで人は再現のない停滞に陥る。
何かもっとマシなものに出会って、あなたがそれを見ること、そして自分が改めて最低クラスに位置づけられること、そのときようやく何かが始まる、これは(気が)若いうちにしかできないことだ、おれは最低クラスとかイヤ〜ンってなるからな。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |