☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 永遠無敵のワタシスタンダード | TOP | 門外を消せ >>
元々あった一番まっとうなこと
直にレポートすると、僕はこれまで、すくなからぬ女性に慕われてきた。
その中で、あえて「生き残った」という言い方をするならば、生き残った女性は、どこかで「学門」のほうへ傾いた。
「学門」に傾くことがなく、感受性に傾いていった女性は、僕から離れてゆき、「生き残れなかった」、一方的な言い方だがしょうがないのだ、正直に「生き残れなかった」と言うしかない、その声と眼のふちと歯茎は汚らしくなっていった。
僕みたいな胡乱な者にも、それなりの立場の感覚や義侠心というものがあって、僕を慕ってくれる人のうち、僕ごときがなんとかできるものについては、なんとかしてやりたいと勝手に思っている、そのぶん、僕ではなんともできないと感じるものは、スッパリ諦めている、実際僕がなんとかできることなんて本当にたかが知れているのだ。

僕の周りで「生き残った」人は、必ずどこかで学門につながる道を選んでいる。
僕の周りで生き残らなかった人は、必ずどこかで感受性に流されることを選んでいる。
感受性に流されていった人は、まず二度と学門の方向へは戻ってこない、ごくまれに戻ってきた人もこれまで経験的にあるが、そういったことは基本的に「無い」と断定しておくしかない。
いつの間にか、胡乱の代表格のような僕が、「人は学門につながるべき」という、元々あった一番まっとうなことを唱えている、これはなかなかの滑稽劇だが、このことについてはもう迷いはない、僕は僕の前で感受性たっぷりの顔が横行することを許さない、人は学門につながるべきだ。

学門に舵を切れ。

メラメラ、ウルウル、ワーワー、感受性に好き放題にされるのは、もういいかげんにしよう、それはあなたの「信じる」という機構に空けられた穴にすぎず、その穴にはいくつかの虫が巣喰っている、その穴ぼこの刺激が「真実」だというなら……僕はあなたを止められないし、たぶんあなたもあなたを止められない。
学門に舵を切れ、たぶんそれは人間の最終的な選択だ、悲喜こもごも、栄枯盛衰、喜怒哀楽や退屈繁忙のいろんなことが、身に降り注いでいるような気がするが、すべての背後にあって人間を導いている光は「学門」だ、この航路にビタッと重なったとき、その広がりに文句を言う奴を僕は見たことがない。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |