☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 世界能力者は「知らんけどすごい」 | TOP | 自業自得は so good >>
小狡(ずる)い狐と白痴の正義漢

は小中学校で、「君が代」を歌ったことがない。
なぜかというと、そういう、いわゆるサヨク思想が特に蔓延している時期および、そういう地域に育ったからだ、社会科では日本の成り立ちについてはまったく教わらず、やたらコルホーズとかソフホーズとかを教えられた。
君が代を歌うかどうかの議論さえされなかった/そのくせ、校歌斉唱のときは、やたら大きな声で歌わせられるのだから、ひどい欺瞞だな、しかしそういう欺瞞にまったく気づかず先生方は喜色満面という時期と地域がたしかにあった。
冷静に考えれば、国家を歌ったことのない少年なんか、単純に知性の面においてポンコツになるに決まっているのに、そういうポンコツ作成をあえて学校という教育装置が全力で仕掛けてくるという、とんでもない時代があったのだ、あのときの教師の気配を今も覚えているが、彼の祖国は完全にソ連だったのだと思う、ソ連はたちまちなくなってしまったけど。

同じく左翼というか、共産主義を土台にしている北朝鮮から、いわゆる「脱北」をしてきた人は、その後資本主義社会でまったく生きていけないということがよく知られている。
なぜかというと、左翼・共産主義において国民は、知性の根本を剥奪されるからだ、そのことはカンボジアを破壊したポルポトのデタラメ政策で歴史的によく知られている、ポルポトは「眼鏡をかけている奴は知性があるっぽいので殺せ」といって、国中の大人を皆殺しにした(誇張ではなくマジにだ)。
知性の根本を剥奪されているので、脱北者はその後、資本主義社会で生きていけない、なぜなら共産主義における国民は、とにかく「リーダーの言いなり」になるよう教育されているからだ、教育されてきたとおり、どうしても「完全指示待ちのマシーン」が優れているのだという思い込みから離れられない/自分の知性なんか持っている奴は「死刑」なのだ、そういう思想だ。
驚くべきことは、北朝鮮と韓国はもともとひとつの国であり、同じ民族だということだ、同じ国を南北に分けて別の制度をやらせただけで、それぞれは異人種になってしまう、仮に北朝鮮の人間が勉強してハーバード大学に入ったとしても、その彼に知性はない、自分で何かを考える能力はサヨクにおいては禁止されているのだ。

資本主義は小狡(ずる)い狐を大量に生んだが、その対抗に、共産主義は白痴の正義漢を大量に生んでしまった。

あなたは「小狡い狐」タイプだろうか、それとも「白痴の正義漢」タイプだろうか、これはだいたい、両親と学校がどんなムードだったかによって決定される(つまんねー話だが事実だ)、そしてこの両タイプは、毎度同じことで衝突し、ケンカする。
韓国と北朝鮮は、もともと一つの国で、同じ文化だったのだから、博物学的に「韓国人より北朝鮮人のほうがアホ」ということはありえない、しかし同じ生きものでも制度や文化によって知性を剥奪されることはある、もしあなたが自分の知性に不安を覚えるようなら、悩む前にもっととんでもないことを疑ったほうがいい、根っこで間違っていると知性は永遠に戻ってこない/あなたは「いつも同じことで衝突」していないか。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |