☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 無知の毒2 | TOP | 証(あかし)2 >>
証(あかし)
子さんが「いつも本当にすてきな笑顔」だったとする。
B子さんはそれを見て、「わたしも見習おう」「いつも笑顔でいる努力をしよう」とする。
このことはうまくいかない。
なぜなら、A子さんは、努力をした結果「いつも本当にすてきな笑顔」でいるわけではないからだ、努力でないものを努力で追跡したって、結果は異なってくるに決まっている。

どういうことかというと、本当にすてきな笑顔とか、本当に何かが似合うとか、本当にやさしさが滲み出ているとか、本当に声がきれいとか、本当に目に光があるとか、本当に使える特別な能力があるとか、本当に「面白い」とかは、努力の結果ではなくて、「証(あかし)」として生じてきているものだということ。
ざっくり言うと、カルマ的なものを償却し、身をもって学門を進めていき、場合によっては何か天啓を受けると、いろいろな「証(あかし)」が身に現れてくるのだ、だからこれはなぞっても複製されない。
たとえば、どれだけマイケルジャクソンの声マネをして、それがどれだけ似ていたとしても、人にワッと届いてときめかせるものがないのはそれが理由だ、マイケルジャクソンの声や姿には何かの「証(あかし)」が現れていた、肝心なものはそれだった。
「努力」ということの根本をくつがえすような話だが、やがてこちらが正しくなる/筋トレをすれば筋肉がつくのは「単純結果」だが、肝心なものはそうした「単純結果」としては現れてこない、肝心なものは「証(あかし)」として身に現れてくる、それ以外にその本質を捏造する方法はない。

証に学び、証まで学べ。

たとえば「笑顔トレーニングの先生」がいたとしたら、その先生の笑顔は見栄えがいいかもしれない、けれどもあなたは、その笑顔をもってその人を生涯の友人あるいは生涯の先生と感じるわけではないはずだ/そうしてトレーニングで鋳造した形容は、どれだけ見栄えがよくても「証(あかし)」を伴ってはいないので、あくまで外見の模造にすぎない、模造品は模造品としての役目しか果たさないだろう。
大事なことは、「証(あかし)が身に現れてくる」という現象が、本当にあるということ、それはまったく「いつのまにこうなった?」という形で現れてきて、ただし少なくとも「あいつはまったくボンヤリは生きていなかったからな」ということの先に現れてくる。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |