☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< りょー☆じょく | TOP | 天分的差別のシステム >>
天分と自分
分、財産、才能、賢さ、これらはつまり「天分」だ。
それが「天分」だということは、「自分」ではないということだ、[天分:自分]という分配でそれぞれの人間はできている。
身分、財産、才能、賢さはすべて「天分」なので、身分や財産、才能や賢さを、「鼻にかけている」奴は全員アホだ、そういうアホは次第にせっかくの天分を失っていくものだ。
僕には明らかな「賢さ」があるが、それは天分であって自分ではない、僕にとって「自分」は永遠にアホだ、このアホの自分(非天分)を減らしていくということが、天分としての賢さを身に現していくということだ、こんなことは誰にとっても同じだ。

「自分」が増えれば、「天分」は減る、だから天分の少ない人は、「自分」が常にでしゃばっている。
人は、自分で自分を見るとき、「自分」を自分だと感じるのだが、他人から見るとそうではないのだ、他人から見るとその人の「天分」が「その人」というように見える。
だから、「自分」の大きい人は、自分で自分を見ると大きく見えるのに、他人から見ると小さく見えて噛み合わない/他人はその人の「天分」を見ているのだ、[天分:自分]が[1:99]というとき、自分で自分は99のサイズに見えるのに、他人からは1のサイズにしか見えない。
ここにおいて、人がどう努力すべきかなんて明らかだ、「自分」をパワーアップさせる努力をしたらどうなる、もちろん天分が減って、他人から見て「小さいなあ」という人になる。

「自分」が勉強すると、ますます賢さが減る。

たとえばいわゆる「意識高い系」のディベートなどに出ると、みんなして「自分」がカッコイイワードを使い倒すから、「自分」がパワーアップする、すると天分としての「賢さ」は減っていくので、他人からは「あいつどんどんアホになるな、もうダメだ」と見える。
僕には僕の「自分」しか見えないし、他人からは僕の「天分」しか見えない、だから僕には、僕のことを愛してくれる女性のことがまるで「アホなんじゃないか」と見えるのだが、たぶん他人の目から見ればそこまでバカじゃないのだ(そうしておかないとつじつまが合わなさすぎる)。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |