☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< この世に不正のない企業は存在しない | TOP | あなたの満たすべき「相」 >>
その瞬間を

分は邪悪をしてやろうなんて、自分で思っている人はごく少なく、ほとんどの人はなるべく、自分は「善いこと」をしたいと望んでいるものだ。
ただ問題は、何が「善いこと」なのか、どうしたら「善いこと」になるのか、よくわからんのだ、表面上だけ善いことをしてみても、何か直感的にウソっぽいことになるというか、本当に善いことはできていない感じがする。
そして、一般的に「善いこと」を推奨したり、自ら実践している人たちを見ても、どこかやはり直感的に、佳いものが身に現れていないような気がして、正直になれば憮然としてくる。
そんな形でけっきょく、誰も邪悪になりたいわけではないし、できるならいくらでも「善いこと」をしたいのだが、どうすればそうなるのか「わからん!!」のだ、一般的に言われている「善いこと」をしてみても、なぜか次第に内心ではイライラしてくるし、「なんでこんな黒い気持ちにならなきゃならないの」ということで、やりきれなくなってくるのだった。

ニーチェは、「教会が言っているカミサマってウソっぽくね?」ということを指摘して、カミサマのない世界を賞翫してみたが、そのうちよくわからなくなり、ぐるぐるしたものに狂死してしまった。
われわれはけっきょく出来がよくないので、ビビリながら生きていくしかないのだが、よりによって、ビビっている人にはますます魔が差すんじゃね……? というような致命的な皮肉があるので、われわれは安易に悔い改めることさえできない。
われわれはなんとなく、できるなら「善いこと」のほうをして、なんであれば地獄でなく天国のほうに行きたい、というようなことを考えるのだが、「そうして自分だけ天国に行きたがるのが我欲」と意地悪を言われたら、もうわれわれのようなアホには方策がないのだ、「そんなハイレベルなこと言われたらますますわからんよー!!」というのが正直なところだと思う。
こんなこと、どうしたらいいのかは僕にもさっぱりわからんが、僕が可能性を感じているのは、ひょっとしてわれわれは誰しも、「瞬間」だけちょっとはマシな奴になれるのではないかということだ、われわれの出来の悪さはどうしようもないが、ひょっとしたら何かの「瞬間」だけは、出来の悪さが紛れることがあるのかもしれない、それだけでも何とか掴めんかな、と思う。

えんえん「わからん!!」が続くが、どうか一瞬でも、「わかる」ときがありますように。

一瞬だけ「わかる」があって、その後どうせすぐに「わからん!!」に戻るのだろうが、それでもその一瞬の「わかる」が、一度はありますように、なんであれは数度、十数度とありますように、まるで毎度マグレのようでもかまわないから/そうしたら今度は、きっとわれわれが瞬間を掴めなくても、瞬間の側がわれわれを掴んで離さなくなるから。
もともとわれわれは出来がよくないのだから、何が「善いこと」なのか、「わかってますよ〜」というほうが危険だと思うのだ、われわれが浅知恵で規定した「善いこと」なんて間違っているに決まっている、われわれ聖者でないモンがどうやって聖者の規定を作れるわけがあるか、それぐらいはせめてわきまえてありたい。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |