☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ゼロの術者(説明しない) | TOP | 梵動 >>
ゼロの術者(説明する)
明するって言っても、術なんだから説明はできないけどな。
つまり、誰でも愛は必要なわけだ。
僕は愛が得られない中から、自分をゼロにすることで、愛より上位の光に接触することを経て、愛を恵んでもらえるということを知った。
うーん、とても怪しい話だ、別におれが怪しいのじゃなくて世の中が怪しいのだ、世の中には怪しい人がたくさんいるのでおれが被害を受けているのだった(これでいちおう説明する気はあるのだと強弁しておきたい)。

つまり、誰だって、自分をゼロにして、ひとつのことに全身全霊になって、気づけばそれが償却になっていて、長いうちに次のステージに進んだというようなことが、必要なのだ、僕だけ「ヒサンだったけどなんとかなってバンザーイ」ということだけでは済まされない。
これまで、自分をゼロにすることは得意でやってきたが、今度はその逆転だ、誰かがゼロになろうとするとき、その傍で僕が∞の側を取り、相手がゼロ化しようとするときの具合のいい対象でいてやらねばならない。
自分が∞とか、そんなゴーマンなこと、本当にできるのかね……と急に気後れしてきたが、まあしゃあない、僕はありとあらゆる局面で「客」になるのがヘタだ、いっつも最底辺の人間としてバタバタしていないといけないという反応が身に染みついてしまっている。
いかにも苦手になりそうなことが眼前に見えているので、これは「ゼロの術者」として、意識的に取り組んでゆかねばならないのだった、ああファミレスで音を出して動画を見られる人たちぐらいの、あのド厚かましさが欲しいぜ(無理だ!)。

くそー、正直ドサンピンでいたい。

我ながら、不覚悟もいいところで、どうしたらいいかが見えてくるほど、うわーい逃げ出したーいという心情になってきた/だってオメー、この時代状況的にもよ、ますますむつかしいぜ、みんな口論スタンバイで生きているのにこんなこと成り立つのかよ。
まあしかし、おれならなんとかできるのか(と強引に自分を鼓舞)、日本人の持つ「無私」とか「無我の境地」って基本的にサムライの発想であって、それは殿様にコキ使われる側の能力だからな、殿様の発想じゃない、ここにきて「無我の境地を捨てる」というのはたしかに構造上のレベルアップではある/「無我の境地」をわざわざ自分で捨てるのかよ……キツすぎるだろ、ああもうプレステして寝ようかなという気がしてきた。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |