☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 秘密を得にいくということ | TOP | カミサマの誰かと会う準備をする >>
愛と食事、および「会話」と熱気の「そのとおり」
に文句はない(ここに帰ってくるのか……)。
文句はないというか、いろんな状況があって、といっても僕は僕の状況しかありえないわけだが、不満とか不平とかいうのは、どうやって持つものなのだろう?
未だにその持ち方そのものがわかっていない。
そりゃ僕は何もしていないのだから、不満も不平も持つわけがないか、生まれてこのかた何に文句を言えばいいのか、正直なところよくわかっていない。

「対話」でもすれば、不満とか不平とかが出てくるのかもしれないが、僕はあまり「対話」というのをすることがないので……(というか、その対話なるものの始まるきっかけもよくわからん、いつどこにそんなヒマがあるのか)
渋滞とか、遊兵とかが出る問題はわかる、それは「もったいないな」と思うので、それだけはどんどん改善なり解決なりされていったらいいと思うし、そのために知恵を出し合うことぐらいはある。
ああでも、そうか、僕としては不満でなくとも、誰しもせっかく頑張るからには、神話世界につながってみたいのだ、「そうそう」と多くの人が顔を上げてうなずくところが見えるかのようだ。
僕は女ではないし、ソロバン勘定も上手ではないし、すべてのことはみんなしてうまく回っていると思うので、神話世界への案内を僕がこころがけよう。

愛や食事の営みは、少なくとも神話世界へハズレではない。

問題は「会話」とかだな、これについては僕が考える必要があるだろう、会話の第一はさしあたり、自分の愚かさについての学門という形で切り出されてよい(我ながらスッキリした佳いideaだ)。
神話世界への接続というのは、実はそんなにむつかしくない、必要なのは努力ではなくて「そのとおり」という感覚だ、「そのとおり」が交わされる熱気の中に自然に神話世界への接続がある。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |