☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 或る法則(最大限の警報と共に) | TOP | 或る法則(最大限の警報と共に)3 >>
或る法則(最大限の警報と共に)2

る女性が直観で言うには、「この状況を、女はどう責任取るの?」と、巨大な危機を突きつけられている状況がある、ということだ。
時間がないのであまり説明はできない、ただ僕はその女性の言いように何か捨て置けないものを感じた。
最短距離で言うと、現代の女性は今、「大半の男性を侮辱し」「自分たちはおしゃれをする」ということを当然の日常にしている/そのことが彼女の直観においては、女性たちの「巨大な罪」になっているそうなのだ。
いかにも聞き捨てならないような感触がした/何しろ僕は、口が裂けても「男を愛さない女は罪を背負う」なんて言えない、僕自身が男なのだから、だがもし彼女が直観するように現代の女性が日常的に「巨大な罪」を最大レバレッジでやっているとしたら……逆にいろんなことが整合して怖いのだ、このことは報告しないわけにはいかない。

現代、男性は明らかに劣化して、とてもじゃないが恋愛の対象ではなくなってしまったという、どうしようもない実情があるが、或る見方によっては、「そのとおりだけど、まず女性たちが男性たちをそこまで貶めたの」ということだそうだ、そう言われてみたら確かにそういうことはあるのかもしれない。
もし彼女の言うように、現代の女性たちが、自分たちの手で男性たちを侮辱し、その品質と尊厳を低劣なるまでに貶め、男たちの人生を完璧に無駄なものにさせ、さらにはその苦しむふうを侮辱して悦に入り、一方で自分たちはおしゃれ遊びにフフンと鼻息を荒くするばかりというのが真相だったとしたら、確かにそのことはすでに「巨大な罪」として償却不可能な大きさにまで膨れ上がっているかもしれない/もしそのとおりのことをカミサマが見ていたら、だが。
しかし今さらになって、われわれは金科玉条たる「男女平等」と「レディーファースト」を、もはやわずかも捨てることはできない、たとえ祖母が遺言をもってそれをなだめても、「男女平等」と「レディーファースト」は遺言を踏みにじって優先されるだろう、このことはもはや誰も捨てられないし、僕も捨てるつもりはもちろんない、今さら誰もそこに疑義を抱く権利は残されていない。
正直、僕は女性ではないのでわからないのだ、女性はハッピーではなかったのか?/女性が男性を尊ばず、愛さず、男といえば侮辱するものとして、あとは自分たちでおしゃれを愉しんでいたらいいというのは、女性にとってハッピーなことではなかったのか、それは何かまずいことになるのか? 僕は男性なので、すでに女性にチンカス呼ばわりされることには何の異存も違和感もないのだが、それは当の女性側にとって何かまずいことなのか、そんな話はこれまでに聞いたこともなかった。

僕自身、女に尊ばれようなどということは、とうに99.9%諦めている。

100%にしないのは、単に数学的に否定できないから可能性を残しているだけだし、まれに奇特な人が1000人に1人ぐらいいるかもしれないというだけで、まったくアテにしていない/今さら女性が男性を尊ぶなんて「ムリ」だと、諦めきっているというか、そもそも僕自身はすでにそんなものは「要らない」と決定済みだ、僕はもう十分な中を生きてきたし、僕は男として女の考え方に「干渉」するような悪趣味は持ちたくない、尊ばれているかどうかなんて関心が向くことがそもそもない。
今さら「女は男を尊ぶべし」なんて、問答無用で「サイテー」になるに決まっているだろう、そしてそれ以上に、すでに女性の心身や血肉のレベルで「男性を尊ぶ」なんて機能は死滅しているはずだ、男性を尊ぶ声や眼差しがその身から出てくるわけがない、その声と眼差しは侮辱遊びとおしゃれ遊びにはしゃぐためのものに仕上がっているはずだ/僕はそうして生きる意味がなくなる男同士で「ははは」と笑い合うことはしてきたが、まさかそれが女性側にとってまずいことになる可能性があるとは一ミリも考えてこなかった。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |