☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 或る法則(最大限の警報と共に)3 | TOP | 或る法則(最大限の警報と共に)5 >>
或る法則(最大限の警報と共に)4
は、女にバカにされると、それだけで九割方死ぬというか、リアルにペニスが勃たなくなり、ペニスを勃たせるには性癖を変態化させるか狂気を脳内に導入するしかなくなる、割と繊細なもので、「勃たなかったw」と言われたらそれだけで引っ越しして何もおかしくないし、引っ越し代をいくらかカンパしてやりたいというのが、男という生きものだ。
とはいえ、現代において、女性の眼差しと声とその胴体は、常に男性を軽く侮辱するスタンバイ状態にあるので(悪意はない、ただの習慣だ)、男性は半笑いキャラにならないと女性の眼差しや声の前に立つことができない/もし今どき「男を尊ぶ」なんて眼差しや声を持っていたら、年間に二桁の勢いで男からプロポーズされるはずだ、実際そういう女性のレポートも受けている(さすがおれの教育した女はすばらしいぜ)。
さて、とはいっても、男はヤワでいてはならないので、ありとあらゆるタイプの女性の二十名に囲まれて自分のダサさはただちにツイッターでリツイートされうるという状況があったとしても、わずかも怯んではならない、半笑いキャラに逃げず、かといってオラつく野卑もせず、かつどんな視線や声や揶揄を受けても一ミリも傷ついてはならない、傷ついたら隣の県に引っ越しで費用が掛かるしどうせそのまま再起不能になる。
男にとって、女にバカにされるというのはとんでもないダメージだ、しかも女に詰め寄って襟首を掴んだりしたらただちに通報されて停学か懲戒処分になるので、まあ男は女の前で常に頓死するしかない、女に頓死させられるのがいやなら媚びて助命を乞うておくしかないのだが、そうなればやはり男はつらいので裏側では二次元のアニメキャラクターに「僕をバカにしない子」を見つけて救われるか、あるいは母親を頼るか、もしくは自分は暴力に長けた裏世界のオスであるというような空想に耽って自分を慰めるしかないのだった。

もちろんそんなふうに、「逃げてはいけない」、すべては自分が女ごときに傷つかなければいいだけだ。
女に傷つけられないようになるためには……胴体に流れているものを感得し、おおよそルートチャクラからサハスラーラチャクラまでが開通していて、時間軸上フィクションの速さで動くことができ、基本的に「流れ系」かつ真っ直ぐ一調子でしか動かず、ジョークとユーモアと、愛と学門のなんたるかを掴んでいて、おおよその色即是空と梵我一如にバメンで入ることができて、自己が永遠の相貌へ絶え間なく接近しており、それを他者にも感応共有できるよう「届ける」ということができていて、それらが努力でなく徳性として身に現れていれば大丈夫だ、あとはまともな青春とまともな学歴、まとも以上の就職と明らかな未来、わかりやすく目立つ才能の二つか三つ、加えて五人ぐらいは本当に愛し合った恋人の経験があればいい、十年ぐらいは何か一つのことを続けてきていて、あとさりげないファッションセンスとテーブルマナーとレディーファーストと気配りが滲み出ているのは必須なと、このあたりはいつも勧めているとおりになる。
しかし今になって冷静に考えれば、これらを「入口」の前提条件にするのはあまりにムリがある/ムリがあるのだが、実際僕はこの時代で殺されないためにこういったものを大慌てで身につけてきたのだし、これらの技芸と徳性がなければ僕だってただちに頓死するだろう、僕を見て侮辱の眼差しや声向けない女の子が現れるなんて一ミリも期待していないので、正直僕は朝起きたときからこのレベルでないと生きていけない感じがしている。
僕は今もなお、「若い女の子が、おれみたいな老人にやさしくするなよ気色悪い、もっとクズを見るような目でおれを見ろ、それでも笑わせてやるから楽しみにしておけ」と、この状況を利用してヒマな自己研鑽の材料にして平気でいるが、これは僕が気が狂っているから成り立つことであって、おそらく健全な男性についてはこんなことは成り立たない、やり方はわからないがやさしくしてあげたらいいし、やり方はわからないが侮辱以外の眼差しと声も向けてあげたらいい。

二次元の女の子は、男を侮辱しないし、二次元の男の子を、女は侮辱しない。

女性が、二次元の女の子になるのはムリだし、そんなことを求めるのは女性蔑視になるので許されない/だからあとは、男性が現代マンガの主人公のようになればいいのだ、そうしたら女性も男性を侮辱しなくなる、むしろ女性は「こういう人だったら尊敬できるの」とこぞって言うのではないだろうか。
実際、「そういうことは習ったこともないのに」、後ろから斬りかかってきたものを見ずによけて「無刀取り」とかするんだぜ、「youtubeで見たからできる」と言い放つ、それぐらいできなきゃ九折さんじゃない……と僕自身もふざけてやってきたが、これは確かに「マンガじゃねえんだから」というような話だ、どこの誰に罪があるのかよくわからんが/ところで僕は、女の子が非人格的に「かわいい」と描かれている二次元のマンガが大キライだ、あんなもん女性を侮辱する悪意にしか感じられない、僕は正直もうペニスは勃たなくなってもいいしそのときはリツイートされてかまわない。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |