☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「女心」の究極解[異なるg]4 | TOP | 愛は世界的なもの、世界は個人的なもの >>
貞淑な僕より

かましくなければ、いつか殺されるに決まっている。
厚かましい、ということは、「厚かましくないヤツのことは知らん」ということだ。
厚かましくなければ、運気は下がるに決まっている。
厚かましい、ということは、「正当なヤツの話を聴かない」ということだ、この世には正当なヤツばっかりいて話を聴いていてもキリがないのだ。

いいようにしか考えないし、いいようにしか行動しない。
厚かましいということは、曲解もするし、誤射もするということだ、ただし責任をもって総合的に最善の結果をもたらすということだ。
恐れる、などということは面倒くさいのでしない、愛してもいないものを恐れることほどこの世に不毛なことはない。
厚かましいということは、盛んに敵を攻撃することじゃない、敵が自滅的に弱っていることを期待して決めつけることだ、するとたいていそういうふうになっているものだ、これはラクでいい。

厚かましいということは、悪党のくせに幸運で、しかも最善を作り出すから、文句を言われないということだ。

人は自分が幸運なら周りに文句は言わないものだし、最善を作り出していたら周りに文句も言われないものだ、それが「平和」というものだろ? とのたまってやるのが最も厚かましい言い分だ。
逆に世の中には、善人なのに不運で、しかも最悪を作り出す上に、自己開示までしてくるから困るよなあという人があるものだ、これはあなたのことを言っているのでは決してなく、あなたがキライなあの人のことを言っているのだから安心していい、僕は人の悪口なんか言ったことがないし、なんだっていいようにしか考えないもの。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |