☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 貞淑な僕より | TOP | 新しい男よ眼ざめよ >>
愛は世界的なもの、世界は個人的なもの

しい考え方を得てきているので、このところゴキゲンだ(今ここに書くのは新しい考え方じゃない)。
僕はもともと、孤独が好きだった、孤独というのは、他人に付き合わなくていいということだ。
一緒くたの団子になっていると、つまりムラ社会だと、誰が何なのかもうわからなくなる、そういうのが好きな人もいるのかもしれないが、まあ僕は生理的に苦手だ。
孤独が好きな第一の理由は、僕が何を言ってもかまわないということだ/僕は他人に発言や表情を強制されるのがきらいだ、特にセックスの最中にオス犬をやらされるのはとてもじゃないが付き合いきれないのだ。

男と女なのだから、本来愛し合うのに、理由は要らない、理由を交換したらその時点でもうムラ社会だ、そうすると村人はバンザーイになるが、僕としてはおいとますることになる。
僕などに言わせてもらえば、ムラ社会なんてもう人間のものじゃない、人が人間ではなくなってしまう、ただ人間性の荒廃を隠蔽するには便利な逃げ口なのかもしれないが、僕はとてもじゃないがもう……付き合いきれない。
ヘンな声は聞きたくないし、ヘンな顔は見たくない、ヘンな主張は聞きたくないし、自意識過剰丸出しは別に罪ではないだろうがほっかむりすることは不可能だからカンベンしてくれ。
愛って、個人的なものじゃないんだな、愛は世界的なものだ、ところがこの「世界」というものが、個人的なものなんだ、それで世界で唯一の世界そのものの唯一の唇が命がけで愛を語る/僕は幾度か、首元でその声を聞いてきた。

僕はクソだが、たぶん愛は教えた。

僕はこれしかできん人間だからな/僕は愛を教えたし、それは同時に「世界」も教えているはずだ、それがいかに佳いものかを識ったはずだが、いざ自分でやってみようと思うと出来なかった、「世界」が何だかわかっていないから、「世界」とは異なる何かムラ的なことをやる。
「わたし」というのは単一しか存在していなくて、その他のすべては「わたしにはならないもの」、だから世界には世界しか存在しないのだが、「だからこの世界がわたしなのか」となる/最大の誤解は情報が増えたこと、情報が増えると判断材料が増えて、まるで「わたし」が増量したように感じられるが、錯覚だ、判断材料の増量はあなたの増量じゃない、ただ現代情報の発信者側は「わたし」が増量すると思ってやっている、それに付き合うと無限の誤解に吸い込まれていく、「わたしの思うこと」が増えたところでそのすべては錯覚でしかないのだが、人々は今「一緒に増やしていこうよ!」とやりあっている、そうして一見平和でにぎやかなムラができあがっていく。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |