☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 人は「思想」に支配されている3 | TOP | 女性の本質は猥褻物だ >>
スリルのなさが、代替に安全保障付のヘンタイを生む
景気に生まれれば好景気だろうし、不景気に生まれたら不景気だろう、金持ちの家に生まれたら金持ちで、貧乏な家に生まれたら貧乏だと思うが……
それでも僕は、愧(は)じのないように生きていきたい。
どれだけ金持ちで好景気で、生まれつきの知能と風貌にすぐれていて、つまりどれだけ「有利」でも、愧じがないかどうかは別だ、ひたすら自分が楽しかっただけ、いい気分でしたイェーイというのは、僕には愧じのように感じられる/また、醜い貧乏者が、生きていてひたすら憂鬱でしたというのも、やはり僕には愧じのように感じられる。
毎日、何をしなきゃいけないということもないし、特に何もしなくても、ただ一般的なことをこなしていれば一般的に生きていくことはできるのかもしれないが、僕は僕自身がただそうして生きただけというのは、愧じのように感じられる、それで毎日、愧じないために自分のすることが生じている。

人に慚(は)じるのは、かまわないというか、周りにとっては迷惑かもしれないが、しゃあない、人から見て僕が慚ずかしい奴だと見えることについては、気にならないのだ、どうせ僕が僕自身のことを他人の目で見るわけではない。
ただ、自分で自分を見るということもするものだから、そのときに、自分で自分を愧じるのはいやだ、せめて自分は自分に対して「見どころあるじゃん」という程度には品質や誠実さを保っておきたい。
僕は、他人に貶されても何とも思わないという性質があるぶん、他人に褒められてもそれが何のうれしさや動機にもつながらないという性質もあるので、すべての動機はニュートラルに生じないといけない、それでけっきょく、自分は愧じのないように生きていきたいということだけが、僕を毎朝寝床から叩き出す動力になっているのだ。
僕は悪いことはいくらでもするし、善人や良人となって生きるつもりはさらさらないので、人から見て慚ずかしいということはどうでもいいのだ、僕は人から見たらクルクルパーであってかまわないし、むしろ人からまともに見えるようでは「僕」としてはまともに生きていないのだということで、愧じのように感じられるので、僕はやはり秘密を増やしながら生きるしかないのだが、最近はそれで女に愛されるということでもなくなったので、現代の女の子ってかわいそうねと勝手なことを思っていたりするのだった。

女の子はみな、こっそり隠し持ってヘンタイのつもりでいるので、「スリルがない」と言われると本質的すぎて落ち込む。

われわれはよく、ドキュメンタリーなどで「ジェットコースターのような人生だった」という話を聞くが、ジェットコースターは入念に安全性を担保されている娯楽装置にしかすぎず、本質的なスリルはない/本質的なスリルというのは本当におっかないので、女の子では立ち向かうことができず、さびしいから自分はヘンタイだと思い込んでそれをスリルの代替にする、それはとても健全なことであって非難されるようなことではまったくないが、まあ、人をしみじみ考え込ませるところは確かにある。
現代で「スリル」といってもな……何かまともな見返りがある気がしない、幽霊屋敷に忍び込むのにはまだまともなスリルがありうるけれど、汚染地区に忍び込むのはスリルじゃなくてただ健康被害を受けるだけだし、マラリア蚊が大量発生した区域に飛び込めば、本当にただマラリアに罹るだけなのだろう、だからスリルを求めるなんて馬鹿馬鹿しい話なのだが/かといって本質的なスリルなしに生きたとしたら、それはやはり僕には愧じだと感じられるので、僕は男のくせにヘンタイを売りにするというような逃避はやはりしないのだった。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |