☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 女性の本質は猥褻物だ3 | TOP | メリークリスマス >>
女性の本質は猥褻物だ4
実的なレヴェルにおいて、女の子たちは健気すぎる。
健気で、素直にまじめで、うつくしくて、胸が痛くなるほど懸命なので、僕はさすがに、ヘラヘラしていられなくなった。
僕がここに書いていることは、空前絶後のエクストリームサイテーなことだし、もはや市民権も剥奪されるだろこれというレベルだが、そんなことはもうかまわない、ただ女の子たちは本当の知識を与えられてその上でどちらかを選ぶ権利があるはずだ。
「あなたは女性だから、あなたって本質は『猥褻物』でしょ?」と言われたとき、女性は一番深い根っこのところでギクッとする、そういうところがあるのはもう知っているのでどうでもいい、ただ僕は石を投げられても世界の端っこで本当の知識を伝えないわけにはいかない、どうせお前らが投げた石なんておれには当たらねぇわけだしなあ。

女性の強みは、「猥褻力」なのだ、そのことを知ったときはすさまじくブルーなキモチになったと、かのボーヴォワールも述べている、月経が始まって経血が流れ出したとき、死にたい気分になった女性は少なくないはずだ/幾人かの女性はこのことを「存在として終わってる」とも言った。
このブルーさを打ち消すために、強引に「男女ビョォオオドォォオオオ!!」と叫ぶ方法もあったのだが、それで女性は明るくなれるかというと、明るくなりきることはできなかった、化粧やライティングや衣装やシチュエーションで明るいふうを演出することはできても、根こそぎ明るくなりきることはできなかった、どれだけ強がっても股から血が出て来、あわれな我が身にせめてかわいい下着をつけさせてやることだけはやめられなくて、ブルーさを思い出させた。
ここでもうひとつの方法、「女なんだからちょっとブルーでいいんだよ」という、当たり前の方法が忘れ去られた、「いいんだよ」と言われたら少し気が楽だったかもしれないのに/重要なことは、平等とか、ブルーさがゼロになることじゃない、光が差しているかどうかだ、男が女性の猥褻力につれて行かれることが少なからずあるように、女性が男の「春の力」に連れて行かれることも少なからずある、そして女性が異常にジタバタしないかぎりは、男も自分の「春の力」で女性を連れて行くのがよろこびであり誇りであったのに。
これまで女性は、理論的にのみ言いうる男女平等の戯論を振り回し、男を教化して、「あなたは女と同じもの」と男を抑えつけ、「春の力」を失わせた/あげく猥褻物となった男を適宜利用しては、その裏側では猥褻ボーイのみじめさおよび、そのありようのいかに「間違っているか」を嘲弄して侮辱した……この手続きによって「春の力」の担い手はわれわれの世界から消失してしまった、これらのストーリィの上であなたはなお、選択の自由権利を有している。

「春の力」の下僕を認めるか、「猥褻力」の下僕を認めるか。

「春の力」の下僕ということ、これが本来の正しい男の姿だ、一方「猥褻力」の下僕というのは、現在も続く女性のやむなき姿だ、すでに「春の力」の下僕たる男なんか死滅しているから机上の空論だが、あくまで原則だ、あなたはどちらを認めるか/男が女性の下僕になる未来は、間違っているとは言わない、けれどもすべての「春」を諦めることになるのは確実だ、なぜなら女性の股に経血が垂れることは、男が朝立ちするように愉快なことではありえないからだ。
もうほとんど終わってしまったことなので、今さら言ってもしゃあないが、男どもはそれなりに頑張っていたのだ、男どもが自分を鍛えねばならなかったのは、「女たちもいる世界の中で『春の力』を保ち続けよう」としていたからだ、女性がいなければ男どもは猥褻化しない、だが男どもは女性も連れて「春の力」の中を行こうとした/しかし女性たちは、男どもが化粧をし、眉毛を整えて着飾り細マッチョのために運動をし、デオドラントをしてナヨッとして茶化した振る舞いをしてくれる、そういうケツマンコ化に向かう男どもを姑息的に認めた、それでこの世界に残されていた「春」という財産の貯蓄をすべて捨て銭にしたのだ、事実この先「春」をまともに歌うシンガーはいなくなっていくだろう。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |