☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「導き」の、必須論および不要論 | TOP | 元気になるお役立ちブログ!! >>
Quali, Love Entertainment

うちょっと、とっつきやすくしないとな。
究極原理、みたいなものは確かに存在するが、究極原理みたいなものが使いこなせるなら、表面的なこともこなせないと話がおかしい。
表面的なことの履行と、奥深いところの追究とで、けっきょくどちらが有効だとも限らない。
表面的なことの履行が、けっきょく当人を進捗させてくれるということも、少なからずある。

なんだかんだ、もともとの屋号、Love Entertainmentから離れてはいないのだと思う。
ただ、エンターテインメントと書かれているのに、「誰が世阿弥の話をしろといった」みたいなことはあるな、世阿弥もそりゃエンターテインメントの総本山には違いないのかもしれないが。
人はすべからく、人に気前よくあいさつをすべし、「元気よく」じゃなく「気前よく」だ。
表面的なことは、悪いことじゃない、すごくステキなことだ、ただ表面的なことを気前よく履行するのはステキで、その逆、表面的なことに「こだわる」というのはうっとうしいわけだ、それは表面的なことでいいんだからさ。

表面がステキじゃないのは、奥が漏れているからだ。

表面的なことは、表面的なことだって、きっちりわきまえる、そこに奥側のネタミやらソネミやらウラミやらが滲み出ているからキモチワルいわけだ。
表面がエセじみていたら、それは表面もちゃんとできていないということだ、表面をきっちりステキにするのにも奥側が要るものだよ、表面が内奥を支えて育てるということもおうおうにしてあるね。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |