☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 恋あいは実感に勝る実話である | TOP | 世界のピンチには誰でも戦え >>
あなたが本懐に至るまで
談。
もし七つのチャクラが開いている人がいたとしたら、僕はそんなもの「まだまだ」と言いたい。
僕自身がどうなっているのかなんて知らないけどな。
チャクラうんぬんはあくまで外気的・出力的なものであって、内側のほうは、その内奥の精髄に届いていない、僕は現時点でこちらの力まで使うとさすがにシッチャカメッチャカになるのでこちらの力は使っていない、たぶん「わけがわからなすぎる」となって、そのくせ他人に甚大な影響だけ残していくだろう、それはもうさすがに公共の福祉として問題がある。

人間の内奥、その精髄には無性のよろこびの力がある。
この力はけっきょく、「何もわからないくせにすべて正しくする」というわけのわからん次元に及ぶだろう、ただしこの力はファナティクで容赦がない。
理解力という一切の能力が必要なくなるのだ、なぜならすべて正しくなるから/他者とコミュニケーション性はなくなるのに、他者に届きまくるから、これはもう、相手の精神にショック症状をもたらしかねない、もたらしかねないというかきっとそうなるだろう、そこまですることに利益があるのかどうか僕にはためらわれる。
理解の能力というか、了解の能力が必要なくなるのか……これは危険な領域だ、舞台や紙面といったフィクション装置に分離される必要がある、深奥が天頂まで短絡接続するわけだが、あるねえ了解不能の領域が確かに、それは疑うことのすべてをやめた人が行き着く無限の爆発だ(意味不明だろうがそうメモ書きしておく)。

とりあえず、人間の本懐までは、思われているよりメチャメチャ遠い。

僕がわかりやすく示している、胴体やこころや、チャクラやら「永遠」やら「神話世界」のことなんて、まあ安いものというか、入口というか初級編にすぎないからな……本当はもっとあるのだ、ただお見せすることは危険が伴いすぎてできない。
了解機能がなくなって失敗ばっかりやらかすのは大馬鹿ものだが、一方で、了解機能をなくした上で何もかもを正しくしてしまう、そういう力の原理がある、これは爆発的でファナティクで、現代では限定的にも使える空間がありそうに思えない、だからせめて眠る前と夢の中ではよろこびを好きにしようかと思う(ぜんぶ意味不明でごめんなさい)。
 
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |