☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< あなたが本懐に至るまで | TOP | 世間一幕 >>
世界のピンチには誰でも戦え

我の強い人は、世界を見ていない。
自己のない人は、世界を自分から分離してぼんやりしている。
自我の強い人は、目の前の人が疲れていることに気がつかない。
自己のない人は、目の前の人が疲れていることが他人事でしかない。

つまり、世界が見えていないパターンと、見えていても関係を持たないパターンがある。
世界が見えていないから「自分だけ」になるパターンと、見えていても自分には関係ないから「自分は自分だけ」になるパターン、この二つに分かれる。
しのごの言わないで、目の前の人が疲れていたら、それはヨソの問題じゃなく自分の問題だ、少なくとも僕は目の前の女の子が疲れていたらそのことは自分の問題として焦る、おれが元気でもその子が疲れているならおれとしてはまずい。
誰だって自分が風邪をひいたら「こりゃまずい」なのに、目の前の人が風邪をひいても「こりゃまずい」とはならない人は案外多いのだ、何がおかしいといって感性とか思いやりとかがおかしい、誰が聞いても「一から出直せ」としか言わないだろう。

自分のピンチにだけ戦って、他人のピンチには戦わないのか。

そんなもの、どう考えたっておかしい、仮面ライダーを観ている子供にさえ非難されるだろう、人は他人のピンチにも我が事のように戦うし、他人の幸運や成功にも我が事のように祝福するものだ。
僕は女にフラれたとき、自分が悲しいとは思わん、目の前の女性が「その気もないヤツに言い寄られてかわいそうだな」と思う、だから僕はそのときの女性を笑わせねばならない、そう戦うしか彼女のピンチは救われないから/自分のピンチも他人のピンチも同じこの世界のピンチなのだから、別に誰が戦ってもかまわない、当事者が戦ってもいいし僕が戦ってもいい、誰もが自分の戦えるぶんだけ世界のピンチに戦えばそれでいいじゃないか。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |