☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 死ぬ航路を往く | TOP | サイアクの「消費マン」にならないために >>
ずっと一つのことをやり続ける

を恐れている人はほとんどいない。
それは、死の恐怖を引き受けられる人はほとんど存在しない、ということでもある。
まともな信仰があり、大人になってゆけば、生きるとか死ぬとかいうことは一般に思われていることとはまったく違うな、という直観を授かってくるが、それにしても死ぬのがまったくつらくないということにはならない。
つらいのはいやだね、つらいことなんか最大限に遠ざけておいたらいい、でもそれは、見て見ぬふりをするということじゃない。

現在の僕が持っている「僕」という自意識は、僕の肉体的死亡をもって、消えるというか、いったん休眠というか、書庫に収められるのかもしれない。
だがおそらく、この「僕」はずっと続いていくのだろうと、妄言のように申し上げておこう、人間なんて記憶喪失になれば「ここはどこ、わたしはだれ」になるのだから/それにしてもやはり「僕」は続いているということ。
おそらくわれわれは巨大な学門の中におり、この中で「僕」というのはひとつの数式のように存在している、この数式は単体としても存在するし、学門なのだから全体と調和して矛盾なく存在していないといけない。
僕にはどうやら、やるべきことがあるのだが、それは断続する現在の「僕」という自意識においてやるべきことがあるというのじゃなく、永遠に続く「僕」としてやらなくてはならないことがどうやらあるということ/ずっと一つのことをやり続ける、思えばいつもこの「ずっと」というのは、決して僕が生きている存命中のことを指さなかった、早くあっち側にいきたい、あのときに吹いている風は一体何なんだ。

永遠の手がかりだけをやり続ける。

子供のころのことから現在まで総括するに、その「永遠にする一つのこと」についてだけは、なぜか昔から「知ってる」という感触が走っていた/まあしかし、人は死の恐怖を引き受けるのはイヤなので、その「永遠にする一つのこと」みたいな気配が出てくると、多くの人はビビって無性につぶしにくるのだ、つぶしにくるか、そうでない場合は相手方が何かおっかなくておかしくなってしまう、何もわかんなきゃまだマシなのに、人間ってフシギね。
まあたまに、そうじゃない人もいるけどね。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |