☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< すべての文脈はもとより破壊されようがない | TOP | ○す以外にカッコよくなる方法はない2 >>
○す以外にカッコよくなる方法はない

ッコよくないと疲れる、ということがある。
カッコよくなるためには、見えるべきものが見えているということ、および、見えてはいけないものは見えていない、ということが必要だ。
つまり、ダサい奴が見えていたらダメだということだ、ダサい奴というのはつまり、他人のことだ。
ダサい奴が見えていたら、カッコよくなりようがなくてしんどいのだが、これを解決するには昔から単純な方法がある。

つまり、ダサい奴はしんどいので、殺せばすっきりする。
んなアホなという話だし、そんなものいちいち殺害していたら街中は死屍累々になるのだが、「殺せばすっきりする」という発想と確信は大事なのだ、殺すということはその人が消えるということで、この消えるということは無視するというような努力では到達できない。
殺すという行為は、もちろん本当にやってはダメだし、殺すという行為そのものに意味があるわけではないのだ、重要なのは殺した「後」のことだ、殺してしまえばそいつはもう存在しないわけなのですっきりする、「そりゃすっきりするわな」という明らかな確信が大事、それが正しく確信されたら、人は穏やかになるので、いちいち本当に殺害なんかしない(ほうっておいても全員いずれ勝手に死ぬ)(殺す以外にカッコよくなる方法はない)。
僕のことを愛してくれた女は、必ず僕に対して「この人になら殺されてもまあいいか」ということを、大前提のアタリマエにして、僕のことを愛してくれた、それは僕が男だからだ、そして男は女を殺せてしまう以上、女はやさしい男に出会い愛することが必要なのだった。

殺すのは好きだが闘争はゴメンだ。

もちろん殺されるのもゴメンだ、まったくわがままな話だが、僕は殺されるのはゴメンだが殺す側はいつも自分を当てはめて「いいなあ」と思うのだった、もちろん本当に殺害するという意味ではなく/女が殺したがる場合は憎悪によってだから、女で殺したがる奴というのはたいていセンスがない、そしてカッコよくないものは疲れるのだ。
僕は平和を愛しているので、「殺せば平和」ということがよくわかる、何しろ闘争する相手が消えてしまうのだから無条件に平和だ/つまり、男が女と闘争したり、和平したり、協調したり、お願いしあったりとかいうことが、致命的にヒサンでしんどいということなのだった、だいたい僕が「お前のこと殺そっかな」と冗談口を言うと、まともな女は悪くない気がしてそっと微笑んでくれるものだ(しくじると猛烈にサムいので決してセリフだけ真似しないように)。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |