☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 吸収次元と「ボス」の関係 | TOP | なぜ人は詩文に炎上するか >>
吸収次元向上委員会「花より団子より」
遜ながら、この「所属する吸収次元」を、友人ともども向上させることを図っていきたい。
「吸収次元向上委員会」は、同時に「吸収方針向上の撤廃」をモットーにしている。
どういうことかというと、吸収するものを向上させよう、という「方針」を立てるのはダメなのだ、邪法なのだ、なぜなら本人がどうイキってみても、しょせん自分の吸収するものは自分の所属する吸収次元に決定されてしまうからだ、方針なんか三角コーナーにポイだ。
まずは誰しもが、「自分には何が見えているか、何が見えてしまっているか、何を主に吸収してしまっているか」、そのことを正直に認めて引き受けなくてはならない、そこで吸収の「方針」だけしゃかりきに上方修正することはご都合主義の邪法になるのだった。

たとえばよくある健全なスローガンで、「人の長所を見よう」「物事のよいところを見よう」「ポジティブシンキングだ」という言い方がされる、けれどもこれは突き詰めるところ邪法になってしまう。
なぜなら、「人の長所を見よう」と方針を定めたところで、自分の所属する吸収次元がアレな場合、どう工夫しても本当には人の悪いところがガッツリ吸収されてしまうからだ/ここをごまかしてもしょうがないし、ここをごまかすことで状況とプライドがややこしくなっていくケースをさんざん見てきた。
重要なことは、「自分の物の見え方からして、自分は外道モンでっせ」ということをまず引き受けること、自分は「外道吸収シート」みたいなものだから、「正道吸収シートには違うものが吸収されているんだろうな」ということを峻厳に見ることだ。
そして慎重な見聞の上で、「なるほど、これは本当に、人によって見え方が違うということだ……」「いやがおうにも、自分には悪い成分が突き刺さってくるし、この人には佳い成分が降り注いでいくんだ」ということを、確かめながら進んでいくことだ、「吸収シートの次元が変わるまでムリなんだわ」ということを笑い話にして進んでゆくのが唯一の方法だ。

あなたのために、「おれは違う」と言わせろ。

あなたにとって、ケンタッキーフライドチキンは油っこいかもしれないが、おれにとっては違うのだ、何しろおれは油のうち佳い成分だけを吸収するようにできており、あなたは油のうち悪い成分を吸収してしまう、吸収シートの性質が違うのだからしょうがないだろう/まるで冗談みたいな話だが、これは意外とマジなのだ。
「花より団子」という言葉があって、吸収シートの性質によっては「団子が桜を引き立てる」となったり、「桜が団子を引き立てる」となったりするのだが、その先もいろいろあって、「桜と団子とあれやこれやでもっと偉大なものが引き立てられているだろ!!」ということがあるのだ、そんなもん吸収シートの性質が次元として違うのだからしょうがない/僕があなたと同調して遊ぶのは実に気安く、僕だってこころ安らぐが、それではあなたの吸収シートは向上しないままだ、未来に向けてこっそり向上させていくためにはどこかで「おれさまは違うのだフハハハ」と言うしかないのだ、どうかそのことを許して。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |