☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 僕にはわからない「ショック」のこと | TOP | 僕にはわからない「ショック」のこと3 >>
僕にはわからない「ショック」のこと2

にはわからないことなので、あるがままを報告しておく。
どうやら、僕が執筆(?)しているところをナマで目撃した人は、その姿とエネルギー(および速さ)に、「魂の問題」を見たそうだ。
「自分が生きていて、いつか死んで、この世に生まれ落ちた命としてやるべきことがあり、そのやるべきことをしている」という姿に見えたそうな。
そして、それを目撃した当人は、「自分はそのやるべきことをしていない、どうしたらいいのか見当もつかないのに、負債だけが溜まっている実感があって、目の前の姿に脅かされるのです」ということだった/僕にはわからないことなのであるがまま報告しておく。

そんなことがあるのだろうか? 何しろ僕は、直観だのみの人間ではないので、直観がなくてわからないのだ。
しかし、この目撃者の証言は、これまで僕が体験してきた不可解な態度の出現をうまく説明してくれるのでもある、僕の目の前でいかにも「???」の態度になる人は、今思い返せばたくさんいたし、「あなたが視界に入っただけでうわあってなる、何かが生き返って、そのぶん何かが壊れてしまう」というふうなことを、よく言われてきた。
僕はこれまでずっと、そのようなことは「何言うてんねんアホか」とリアルに無視してきてしまったのだが、どうやら単なる誤解やシャレやお世辞ということでもなかったらしい、魂の問題といって、「そりゃ誰でも魂はあるし、魂のこととかやるんじゃねえの?」とテキトーなふうに考えてきすぎたかもしれない(最近、こういう話をすると、リアルに「えぇ……」と呆れた顔で見られるのだ、ぼちぼちツライものがある)。
これまで不可解なまま、しかし何度も見てきた「あるある」があって、例えば僕がしょーもないことによろこびを覚えてウハハハとよろこびを上昇させれば上昇させるほど、何か一方で目の前の人が「もうやめてくれ……」と縮こまっていくということがあったが、これも何か「魂の問題」を直視させられて脅かされていたのかもしれない(おれに悪気はないぞ)/単に「すごーい、こんなに力の差が」ということなら問題はないが、「すごーい……あっこれって魂の差が」ということだと、マズいそうだ、つまり「能力の格差」ではなく「魂の負債格差」が見えてしまうらしい。

債務超過に陥っている零細の経営者がブルーなように、債務超過に陥っている魂の経営者もブルーなようだ。

いつもギリギリの資金繰りをしている零細の社長は、毎朝目が覚めるだけでキツイだろう、それでも取引先や従業員にはニコニコしていないといけないとなれば、これは想像するだけでキツイものがある、そんなこと考えたくもないが/もし人それぞれの魂にもそうした経営と債務の感覚があるのだとしたら、いつもギリギリでやりくりしている人は、毎朝どこかブルーであるに違いなく、それでもニコニコしていなくてはならないとしたら、それは相当にキツイだろう。
零細の経営者が、「もう何十年も昔に経営方針を間違えたのでは?」と今さら言われても、取り返しのつかない恐怖におののくしかないことのように、人それぞれも「もう何十年も前に道を間違えたのでは?」と今さら言われても、取り返しのつかない恐怖におののくしかないみたいだ/とはいえまともに考えれば、今からでも立て直しをするしかないのではある、切り替えてがんばりましょう。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |