☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 判断は合理的に、決定はカルマ的に2 | TOP | 考え方の、基本中の基本2 >>
考え方の、基本中の基本

は天体望遠鏡を買わないだろう。
なぜなら、今住んでいるところの近所に、知り合いのガキどもなどいないからだ。
もし知り合いのガキどもが近所にいて、通りすがりに「あー望遠鏡だ」「お月さんぐらい覗いていき」ということになるなら、天体望遠鏡を買ってもよいのかもしれない。
僕は以前から、中型バイクの免許を取ろうかなあ、と思案している(が、面倒くさがっている)/今は原付があるので、用は足りているのだが、中型ならいずれ二人乗りできるわけで、後ろに誰かを乗せてやれるということになれば、いろいろイイことがあるなあと考えるのだ。

「自分だけ」でしか考えない利益の発想は、単純にいって発想のレベルとしてサイテーだ。
不遜ながら、僕は正直なところ、「よくまあ、そんなに徹底して『自分だけ』のことを考えられるな」と驚かされることが多いのだ。
仮に僕が、自宅でラーメン屋を開いたとする、そのとき「この場所にラーメン屋があって周りの人はよろこぶかね?」と考えるのがどう見ても基本だ、よもや「自分がラーメン屋をやりたいかどうか」というようなわけのわからん視点では考えない。
こんなもん考え方の、基本中の基本だ、まさか植木バサミを買うときに、あなたは自宅の庭のことしか考えないのか。

僕が厚着をして出かけるのは、薄着で出てくるバカ女がいるからだ。

僕が厚着をしていれば、バカ女にコートやストールを貸してやれるのであって、そこで「自分だけ」温くてどうする、そんな発想で僕は自分のものを買ったことはない。
僕が温泉に詳しくなれば、あるいは焼き鳥屋に詳しくなれば、僕が情報源になれるわけだし、僕が正しい知識を持てば、僕が知識源になれるわけだろう、そのために遊ぶのだしそのために勉強するのであって、「自分だけ」という発想がそもそも特殊だ/近所に知り合いのガキもいないのに天体望遠鏡を買うのは典型的に「無駄な出費」に思える。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |