☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< LGBTと誇り高い性愛 | TOP | かっこいい奴であるべし2 >>
かっこいい奴であるべし

っこよくないものは疲れる。
そして疲れるということは間違っているということだ。
かっこいいというのはどういうことかというと、見栄えがどうこうという問題ではない。
かっこいいということは、「何をやっているかがわかる、見える」ということだ。

何をやっているのかわからん奴というのは、どこからどう見てもかっこ悪い。
接客態度が崩壊しているウェイトレスは、もう何をやっているのかが見ていてわからんのでかっこ悪い、近所から聞こえてくる夫婦喧嘩の声は、やはり何をやっているのか見ていてわからんのでかっこ悪い。
学校の先生が「教えている」のはかっこいいが、「何やよくわからんが教壇に立ってスマイルで何かをつぶやいている」という状態はかっこ悪い。
何をやっているのかわからん顔や声や姿を、見せないこと、何をしているかわからん奴を見せられても、それが「どういう人」なのかはまったく見えないのだ。

包丁を研いでいる動画を観た、すごくおもしろかったのだが、何をやっているのかさっぱりわからなかった。

何をやっているのか、そりゃ包丁を研いでいるんだろうが、そして包丁がピカピカになるのは何か見ていて気持ちいいのだが/何をやっているか、そりゃ包丁を研いでいるんだろう、それで「??? これって何やってるんだっけ???」となった、言っている意味がわかるだろうか(別にわかる必要はない)。
何をやっているのか、見ていてわからんというのは、僕の趣味においてはかっこ悪いと思うので、僕は何をやっているのかわかる奴でありたいなあと思うのだった。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |