☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 裏帳簿の赤字と黒字2 | TOP | 別のことをしよう >>
救済願望にご用心
だって、ヤバいバーサンになりたくはないし、オワッテルジジイにはなりたくない。
われわれは、日常では余裕をコイているつもりだが、どこか心の奥で「自分のこころのうちがこんなありさまでは、この先ヤバいことになる予感がヒシヒシするぜ」とも感じているものだ/まあおれはまったくそんなことはないのだが、それはどうやら僕が特殊なタイプだからということで、このところよく友人に諫められるのだった。
内心でどこか「ヤバイヤバイ、このままではヤバイ」と感じているものだから、救済願望が切迫しており、その切迫のせいでささいな出来事を大仰に取り過ぎるということがある/つまりちょっとした好い変化を「これって救いですかね? ですかね?」と取り縋るところがあるのだ、これは明らかにバランスが崩れているので冷静にならなくてはならない。
土台われわれのようなアホの身に、「救済」などという偉大なことは、そうカンタンに与えられないし、仮に与えられていても「気づかない」のだ、われわれはそういうアホなのだということをよく自覚して、いちいち取り乱すことのないように冷静でいなくてはならない。

救済願望はつまり、「いつもこの、自分が薄々感じている『ヤバイ』という感触を、忘れたいんです、気楽なほうに逃避したいんです」ということだ。
それはまあ、わからんではないというか、そりゃそういうものだろうなという気がするのだが、それで「大丈夫な人々」の参列に顔を出されてもな……それよりは堂々と「ヤバくてもいいじゃない、これまでずっとヤバかったんだし」「そんなもともとヤバい人が、いきなり大丈夫な人のコースに切り替わったりしないですって」と、引き受けているほうがいい、そのほうが運気が上がるだろう。
それで、コースとしてはまだまだヤバイ人コースのままでも、それでも「好いこと」「吉相」が現れたなら、それは好いことだし吉相なのだ、それはそれとしてよろこべばいい/たとえば合否判定がEからDになったとしたら、やはり入試には落ちるのだろうが、それにしても向上は間違いないのだからよろこべばいい、でも合格気分になったら余計マイナスだ。
われわれはそれぞれ、どーなるのだろうか? 誰だってヤバイものにはなりたくないし、誰だってそりゃ不安なのだが、僕だって「安心」なんかまるでしていない/ただ僕は、いいかげん「不安」などというヒマなことをやるヒマはなくなっている、不安か安心かなんてどうでもよく、ただ常に最善を見極めることに忙しいのだった、いつも「これ以上はムリだ」とヘトヘトになっているときが一番マシだと経験的に知っているばかりだ。

救いを求めているということは、苦しんでいるということだ。

じゃあ人に尋ねるまでもない、「救われてますかね?」と訊くような「苦しんでるんだろ」ということだ、それよりは何か多方面で忙しくなってしかし何か明るくなってしまって「うぬうおほおおおおりぃああああぶすおーでぃゃあああ」となっている人のほうが「救われているのかもな」という可能性がある。
僕はこのところ友人に、「1分1秒たりとも休まないんですね……」と呆れられることが多いのだが、それは別に僕がガンバっているのではなく、単にビビっているのだ、自分に余力を残しているという状態がよくない感じがし、いつも使い果たしているときが「ややマシだろ」と感じている、それならややマシのほうがいいなあという、ただそれだけのことなのだった。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |