☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 意味がついてきてしまうほどの何か | TOP | 草不可避のおっさん、述懐する >>
能力のメカニズムと不満のメカニズム
もアカン例、みたいなものを見ることがある。
たとえばチェーン経営の喫茶店Xで、アルバイト店員の甲がいたとする、この甲は接客やホールの切り盛りを「自分の頭で考えられない」ので、マニュアルに頼る、この段階で人は一段階マズくなる。
ところがこの甲は、頼るべきマニュアルを暗記・履行することについても、能力が十全ではない、遅滞した知能でぎりぎりマニュアルを履行している、この段階で人はさらに一段階マズくなる。
さらにこの甲は、自分のマニュアルロボットぶり、さらにマニュアルロボットとしてもポンコツという危機的状況ぶりを看過して、一方では嫌煙や男女平等や環境格差については、強い主張を持ち、強い「不満」を持つ人なのだ、こうなるとさらに一段階マズくなる/さしあたり常識的な範囲において、「これが最もアカン例だな」と僕は判断している(もちろん僕の勝手な判断の限りでしかない)。

つまり、わかりやすい話だが、「自分はポンコツなのに、不満だけめっちゃ猛烈に持つ奴」というパターンがあって、このパターンになってしまったらもうだめだ、僕はさすがに友人にはなれないし、もはや「友人」とは何なのか本人もわからなくなっているだろう。
冷静に知っておくべきことだが、われわれが「不満」や「主張」を持つメカニズムと、建設的な「能力」を持つメカニズムは、まったく別なのだ、どれだけ能力が壊滅的であったとしても、その能力壊滅者が無制限の猛烈な「不満」「主張」を持つことはいくらでもある、「不満」「主張」はただ「許せない」という感情から一つ覚えのように噴きだしてくるものなのだから。
能力がないと不満を持ってはいけない、ということではない、能力のメカニズムと不満のメカニズムはそれぞれ別で、それぞれ独立に機能しているということだ、つまり「自分の就業態度はサイアクなのに、他人の就業態度に向けては猛烈な不満を持つ」ということが何の制限もなく可能だということだ、この仕組みの隙間に落ちていった者はさすがに助からない。
ごくまれに、「ただの郊外のコンビニ店員なのに、めっちゃ気分のいいおっちゃん」というのが存在する、われわれのうち99%は<<そのおっちゃんのようにはなれない>>のだ、これはメカニズムの話であって、正義の話ではない/能力は正義ではないし、かといって「不満」も実はまったく正義ではなかったのだ、本人は数十年にわたる錯覚に陥るけれども。

不満エサを食わせ続ければ「不満者」が育つし、能力エサを食わせ続ければ「能力者」が育つ、それだけ。

それぞれのメカニズムは独立で、分離されているのだ、だから「不満」と「主張」に満ちた数々のインターネット掲示板等のコンテンツを数十年にわたって絶え間なく摂取しても、その中で「能力」はまったく育たない/代わりにごくわずかな「不満」を見つけてわざわざ掘り当てる、鼻の利いた豚のようになってしまう。
「自分の頭で考えられず、マニュアルに頼る」という時点で、まず「能力」の鉱脈が一段階ヤバい、次に「マニュアルの履行にも能力が足りていない」という時点でヤバさは二段階目に突入する、その上「不満」の活断層だけ活発化していたら、それはもう織りなされるヤバさが新次元に到達するだろう/そういう「最もアカン例」をしばしば目撃するので、なんとかそのことは避けるように生きていこう。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |