☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「内心で自分の声が止まらない」 | TOP | すべての天才は…… >>
明るい未来へhow much love

度確認しても、この路線が検出されてくるので、いよいよこれが本線なのかねと思われてくる。
つまり、多くの人は、愛がないのではなく、愛が「どういったもの」なのか、まったくわかっていないのだ、エラソーに聞こえてしまうがこの際はやむをえない。
僕が若い女の子と並んで歩いていると、どう見ても上質で美徳にあふれた存在は、その若い女の子のほうに見える。
が、愛はそうではないのだ、僕の側に愛があるからこそ、上質で美徳にあふれた若い女の子も「一緒に歩きたい」と言ってくれるのだ、僕の側に愛がなかったらさすがにこんなオッサンとわざわざ一緒に歩いたりするかよということなのだった。

説明は長くなるので、またいずれということにして、何にしてもこれまでこのパターンが多すぎる。
何がまずかったといって、多くの人が僕の愛をわからず進んできたことに加えて、なんと僕自身も僕の愛をわからず進んできたのだ、それによって究極、僕の愛などは「ほうったらかし」だったと言える/このやり方は景気が良かったが、ここ最近はもう使えないというか、臨界点を超してしまった。
単純に言って、「この人の愛は如何様か?」ということで議論が為され、「この人はこういう考え方で、このような実践で、このような愛を発揮してくれている」ということが明視されれば、それで万事は解決と上昇に向かうのだ、しかし何しろ僕自身が、そういったことをまるで考えずにきたからな……
婉曲的に言うのがおっくうなので、もうありのまま言ってしまうが、つまり僕自身も管理していなかったせいで、僕の愛は制限なしにテキトーにぶちまけられてしまっていた、それでみんなで快適に過ごしてきたのだったが、次第に認識外から「罪深さの感覚」が溜まってきたのだ、そりゃ人の愛をジャブジャブ使って「快適」に過ごしていたら罪深さが溜まって当たり前ではある。

僕に愛があることが判明すれば未来は明るいし、僕に愛がないことが判明しても未来は明るい。

僕に愛があるという結論はダイナミックだし、僕に愛がないという結論もダイナミックだ、どちらにしても面白い、ただ「この人には愛がある」とか「ない」とかいうからには、「なぜなら愛はこういうものだから」ということが当たり前に述べられねばならないだろう、それは愛とは何か、どれほどか、を捉える学門が育つこととして非常に有意義だ。
誰だって、明るい未来に進むべきだ、そして僕たちはどうせすることがないのであるから、せめて「愛」を実現するのにスリリングでヴィヴィッドな学門に向き合っていますというのは、未来への明るい足しになるだろう/もし自覚のない形で人の愛をずるずるに消費していたら、裏帳簿にはどえらいマイナスが焦げ付いているはずだ。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |