☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ナゾの現象、「おかげ」発想への不快感 | TOP | 胴体へのアプローチを持つこと >>
離れて触れろ!
まり問題ばかり直視していると気が滅入るわい。
「離れて触れろ!」、<<距離は美徳だ>>、離れて触れる、プラス「自分から」ということですべては是正されるだろう。
ここを逆に思っている人が多すぎる、何かというと甘えの権化で、近づきすぎ、しかも触れてはこず引きこもっている、さらに他人から何かされるのを待つ「受け身」という、こんなやつはライザップに課金してから松ヤニの採集業者になること。
全力できもちわりぃんだよ、それが目立って言われないのは、若い女の場合オマンコが優先だからだ、若い女とオマンコできれば精神がきもちわるくてもいいか〜と放置されているのだ、これはマジだぜ、クソ店員でもタダでエビフライを食わせてくれるならまあいいかというような精神状態なのだ。

「離れて触れる+自分から」、ということだけがすべてを是正するだろう。
デイヴィッド・カヴァデールはその歌声をもって、遠くから、われわれに触れてきたじゃないか、どこの誰とも知らなかったけれどサイコーだっただろ? それと正反対をやってどうする。
現代人はサイアクだ、何か病的なママコンプレックスで、何かとすり寄ってくるくせに、すり寄ってきては漬けもの石みたいにズーンと引きこもっているのだ、お前の脳みそには100円均一のイヤホンでも刺さっているのか? よくまあ人の個人的領域に侵入してきて引きこもりながら「受け身」をえんえんと実演していられるな、お前のママはワカメにビオレをつけて顔面をこすったりでもしているのか。
<<距離は美徳だ>>、<<触れるのは美徳だ>>、<<自分からが美徳だ>>、このすべてを悪性にこじらせているやつが、定期的に自己陶酔にボンバーするのはなぜなのかね、黙っておれの靴でも磨いていろ、そしたら「ん? 誰かが磨いてくれたんだろ」と評価しておいてやる、お前の身柄なんかよりおれの靴のほうがよっぽど上等なのだから、お前だって気分がいいだろ。

「受け身」? それどころじゃないだろ、「受け身」で「固まり身」で「甘え身」だろ。

まったく冗談じゃないが、こんな身のありさまで、かつヒンヒン<<自分のためだけに泣く>>のが現代人だ、違うだろ泣きたいのはお前のまわりの人間だよ、まるで高齢者がバスにタダで乗れる特権を使い回す具合に、愛ある人の慈悲心をタダで使いまくってウーンと悩んでいるフリをしているだけじゃないか、お前は実際に世話になった人にライターのひとつさえ贈ったことがないじゃないか。
離れろ離れろ離れろ離れろ、それが自立の第一歩だから、離れてさびしく思うようなら、お前はこの世界のすべてが自分のためだけの奴隷だと思っているのだろうな、距離でさびしくなるのは触れる能力が皆無だからだ、誰もクソ女になるべきではないので繰り返す、距離は美徳だ、触れるのは美徳だ、自分からが美徳だ、「離れて触れろ」、自分の漬けもの石ボディをなで回すばかりはやめてだ。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |