☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 意識をスーッと、沈降、あるいは上昇させて…… | TOP | サービス精神とガマン精神2 >>
サービス精神とガマン精神

あ、とっても重要な話をしようか。
人は、サービス精神の者と、ガマン精神の者に二分される。
魂が上を向いていれば、サービス精神の者になるし、魂が下を向いていれば、ガマン精神の者になる。
あなたは「サービス精神のカタマリ」だろうか、それとも「ガマン精神のカタマリ」だろうか。

そして、もうこれはごまかしても意味がない、今われわれの中に、サービス精神のカタマリという人はとても少ない。
サービス精神とガマンの精神は、「わたしはどちらともつかないかなあ」ということはなく、残念ながら、サービス精神のカタマリでなければ、あなたはガマン精神のカタマリということだ。
「サービス精神」という、ありふれた用語が、実は唯一、魂の正方向を指し示していたなんてな/それなのにあなたは、きっとどこかで「ガマンしなさい」「ガマンでしょ」と教え込まれてきた、またあなたの精神もそれに乗った。
「サービス」は「礼拝」という意味をもっており、「ガマン(我慢)」というのは「アートマ・マーラ」という悪魔のことを指している、これは言葉の意味なので辞書を調べていけばそのとおりに表記されている/何も間違いはなくて、われわれには「結果」だけが与えられている。

あなたの首に、「サービス」という札をかけたら、あなたはその役を「ガマン」して引き受けるだろう。

このことが、現代のすべて、およびあなた自身のすべてを支配している、今僕は真に決定的なことを開示してお話ししている。
あなたの首に「サービス」の札をかけ、それでもあなたに機嫌良くいてもらおうと思ったら、時給いくらが必要だろうか、その時給はあなたの「ガマン」という悪魔をなだめるのに必要な奉納金だ/別にそれが悪いと言っているわけじゃない、ただあなたは、自分がこうもはっきりと「悪魔」になることを予定して生きてきただろうか。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |