☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< サービス精神とガマン精神6 | TOP | サービス精神とガマン精神7 >>
一分間に4〜6回しか呼吸しとらん
ういえば「ためしてガッテン」でやっていたから、つい自分でも計ってしまったが、僕は一分間で4〜6回しか呼吸していないな。
ふつうは一分間に15〜20回ぐらいらしい。
僕はタバコを吸いながら4〜6回で、リラックス体勢だったらもっと下がるだろうし、たぶん文章を書いているときはさらに呼吸数が下がっている。
僕は文章を書きながらハアハア汗を流すことがあるが、それはスポーティな呼吸でハアハア言っているのではない、呼吸が止まるからハアハアするのだ、まあそんなこと別に誰もキョーミないがね(おれもない)。

僕は「呼吸法」うんたらのことをやった試しはない。
呼吸数を落とそうとしているのではなくて、これが僕にとってのフツーだ。
しかし、以前、管楽器をやっている人から、「あなたの呼吸数ってどうなってるの、何かおかしくない!?」と驚かれたことがあったな、あれはどうやらマジだったのか、僕は他人の呼吸数になんか注目したことがなかったのでな。
僕の呼吸法のコツをいうと、まーた例によって胴体の最下部(ボトム)で呼吸しているので、どうせこれを普通の人がやるとまたクンダリーニ症候群になるんだろ、だいたいパターンが読めてきたので調べる気もしないが、そういうことを習いたいなら教えてくれる教室に素直に行った方がいい、たぶんこれからはそういうのが当たり前になる時代だ(もうそういう時代になっているのか? 知らない)。

ためしてガッテンは、山瀬まみちゃんがいたほうが好きだった。

志の輔さんとまみちゃんの、息の合った掛け合いが好きだったのに……もう志の輔さんがまみちゃんを弟子にとって落語家に育てるしかないな!
たまにはこういう、極限に落差のある話をブッこんでみるのだった、ただ呼吸数の話はマジだし、まみちゃんがいたほうが好きだったのになあというのもマジだ。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |