☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 言葉は人が発するものではない3 | TOP | 大恥を掻きたい >>
女にモテるようになりたい
ホみたいな話だが、ずっとある僕の本音はそれだった。
「女にモテたい」ではなく、「女にモテるようになりたい」だった。
さらに正確に言うと、それは、「女にモテるほどのものを持ちたい」だったのだろう。
何かを持ちたかった/もし、それを持つことなしに、何か知らんが女にモテる方法があったとしたら、それは僕にとって何も魅力的ではなかったのだ、「女にモテるほどのもの」が持ちたかった、だから僕は、自分がモテない時間や事実も、たまらなく熱かった、今でもそのあたりは、けっきょく変わっていない。

今このときも、正直を言えば、フツフツしているのだ、もうこういう話が通じなくなったので控えているけどな、実はおれは何一つ変わっていない。
女にモテるほどのものを持ちたい、それは何か、輝きだったのだ、今もかわらん、けっきょく最初から最後まで手にしている伝家の宝刀はこれだ。
僕のことを好きでもなんでもない女の子が、むしろ僕を嫌悪する表情を見せているところ、僕が持っているものを発揮することによって、わあっと愛の表情に変わることがある、そのこと自体が好きで、そのこと自体に身を投げてきてしまっただけだ。
だから僕は、自分が「つまらんものを出す」ということに耐えられないのだ、僕は僕自身には何の美意識もない、ただ何事につけ数秒ごとに、伝家の宝刀に手が伸びるだけだ、いっつもこれだな、おれはモテることや自己表現には何の興味もない、「モテるほどのものを持ちたかった」のだから、それが持てれば別にモテていなくたってかまわない(なるべくモテているほうがいいには決まっているけど)。

女にモテるほどのものを持ちたい、正直まだまだ全然足りない。

命を八つや九つも持てれば、まだイケるので、僕ならそれぐらい可能ではなかろうか、そう気張っていきたい、点火の仕方は知っているのだが、これマジで死なない? ということにちょっとだけビビっている、うーんおれも根性なしになったもんだぜ/命は常に「フッフッフ」と笑っている。
けっきょく、命がけでないと何にもならないのだが、命がけというのはキモチではなくて実態なのさ、そりゃ女だって「この人になら命をあげてもいいかも」と思えなきゃ愛したことにならないだろ/命が偉いわけじゃまったくない、ただ命でなきゃ独立決定ができないというだけで、命のない上手さは要らない、命があればヘタでいいんだ、だから僕は決して上手に文章を書いたりはしない、うんまあ超上手だけどな。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |