☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 女にモテるようになりたい | TOP | オモロイ奴は全員知っている >>
大恥を掻きたい
恥を掻きたいので、こんな文章を書き晒している。
僕は人に目立つのが苦手なので、目立つ行為はきらいだが、大恥を掻くのはいい、すでに大恥を追求しているはずなのだが、「もっといけんか」とこのごろよく考えてしまう。
世界一間違っている奴、というふうに、自他ともに定義されるような奴でありたいのだ、僕は正義の徒にだけはなりたくない、僕が正義の徒になったら人々は従わなくてはならないからだ(正義が悪いわけではもちろんない)。
「こいつはもうダメだ」と、絶望されたいのだ、幸い(?)そのことはかなりのていど叶っているが、まだまだ、こんなもんじゃ足りないな、もっと痛快な自由が得たい、もうこんな奴が何を言ったって誰も聞く耳を持ちようがないぜというところまで行きたい。

だって、いまだにおれは、女の子のすべてがラブだとか言っているからな、こんな奴はどれだけアウトか、僕だって他人事として見ていたらわかる、戦場にビニールシートとサンドイッチを持ってきた奴というぐらいにアホだ。
まあおれは大恥を吸収して生きているのだからな、おれは初対面の美少女のスカートの中を見せてもらいたいぜ、そのことに特に理由はなく、理由を言うなら「美少女がかわいいから!」になるだろう、おれは美少女が憂鬱になることにだけは与したくない。
大恥を掻いていくこと、そして大恥によって孤立していくこと、人々に諦められていくこと、それらが「いいねえ」と常々感じている、ただそれだとブログ記事がシェアされないんですがそれは……まあそりゃ「美少女のスカートの中を見せてもらいたい」という記事のシェアはねえよ、そりゃシェアした奴まで恥を掻くレベルだ。
恥を知らんのか、と言われたら、メチャメチャ知っている上で大吸収していると、本当のことをほざいてやろう、「じゃあしょうがないな」という話だ、おれが恐れるのはハズレであって恥ではない、ハズレというのはもう最悪にイヤでNooooooじゃないか。

おれに狂気はない、知性がないだけだ。

露出狂がフルチンになって、街ゆく女性に陰部を見せびらかしていたりするが、それはどう見てもハズレでしかない、よほど不自由な人生に追い込まれたのだろう、少しでも自由を得ていれば人間はそんな大ハズレはやらない。
僕は大恥を掻いていきたい/大恥がやがて、パラメーターを崩壊させて、「こいつに恥を掻かせても効果ゼロじゃないか」となったとき、僕の世界から「恥」は消える、そのとき僕は通常の空間から「消える」ことができるのだ、「恥」のない上位の空間にいくことになる、だって僕は恥なんてとってもキライなんですもの。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |