☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< オモロイ奴は全員知っている | TOP | 立場と関係を破壊するゴーゴン >>
世界とあなたと「命がけ」の仕組み
がけでやらんと何にもならんのだが、命がけというのは武士道的なものではなく、したがって「決死」「特攻」「死ぬことと見つけたり」というたぐいのものは必要ない(武士そのものは別、ありゃ殺し合いを引き受ける人なんだから)。
命がけというのは、単に「むつかしい」のだ、何がむつかしいかというと、「生きているうちに、『何をする人』になる?」という問いかけ、それに答えることがむつかしいということだ、これは根性で通じるたぐいではないから手ごわいのだった。
で、これは何というか、自分の願望とか思念とかではないのだ、<<万人に向けて>>というところがミソになる、万人から見て「この人は○○をする人」と見えないといけない、それは形とかポーズとかではなく、たとえばライオンが「ライオンだな」と見えるようなことだ。
たとえば、「わたしは愛に生きる人になります……!!」みたいなことを言ったところで、本人は熱烈にその気分でも、周囲の人からは説明されないとそうは見えない、<<万人にそうと見える>>ということが大事なのだ、かといって牧師やシスターになってもしょうがないのだが、とにかくそれは「自負」ではないのだ、「命がけ」を「自負」にすりかえると大きな負け戦が容易されているだろう。

逆に言うと、「変質者」のほうがわかりやすい、公衆でバッとチンコをさらけ出したら万人から見て「変質者」だ、同様に「犯罪者」もわかりやすいのだがこちらは物騒なので取り扱いはやめよう。
「わたしは○○をする人」と、いくら自負していても無駄なのだ、その○○は決して実効をなさないだろう、周囲がその実効を為していないものに空気を読んで付き合わざるをえなくなるので、近所迷惑になってしまう。
つまり「命がけ」というのは、マザコンというか、ママに支配されている子供ちゃんには不可能ということなのだが、まあそんな悲しいことを言っていてもしょうがないな、とにかく自負とは違うということ、そしてそれは願望でもないし志望でもない、ただの実態だ、万人から見てそう見えるという実態を採るしかないのだ。
むしろ「自負」が消える必要がある、何しろライオンはライオンの自負があるわけではないからだ/「命がけ」というのは自分の命を損耗させるということではなくて、<<万人に向き合う命をそこで名乗る>>ということだ、命を損耗させるのではなくむしろそこに命を誕生させるということだ、「××さんは○○をやっている」ではなく、「○○をやっているのが××さん」になる←読み飛ばさんとちゃんと考えい。

われわれは歌っていない桑田佳祐を知らない。

木村ヒマ三郎さんが「歌をやっているんですって」というのと、「桑田佳祐」は事象が違うだろう、単に有名ということじゃなくて、命がけだということ、「歌手」ということが桑田佳祐という名前に命を吹き込んでいる。
木村ヒマ三郎さんがボウリングをやっていると、「ボウリングをやっているな」と見える、桑田佳祐がボウリングをやっていると、「ボウリングをして遊んでいる」と見える、これは別に有名と無名は関係なくて、木村ヒマ三郎がボウリングをしている光景は、残念ながら「何をしているのか究極わからん」という光景に見えるのだ、それは木村ヒマ三郎が動物的生命の他には「命」を帯びていないからだ/木村ヒマ三郎は自他ともに「何をしているのかけっきょく永遠にわからん!!」という状態になる、この状態になるのがイヤなら、<<期間限定でもいいから万人に向けて「○○をする人」になることだ>>、「個人的」「内輪的」では命は与えられなくて、万人に向き合ったとき初めて命が与えられる
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |