☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 気分よくなるためのひとつのルール | TOP | ゴーマンな腰振りと、しょーもないメスの気配2 >>
ゴーマンな腰振りと、しょーもないメスの気配
は男尊女卑がキライだ。
おれが女よりエライのはステキでいいけど、男が女よりエライというのはどうなの、そんなことはまったくないだろと思ってしまう。
なんというか、アダルトビデオなどを見ていると、男の腰の振り方がゴーマンなのがきらいだ、何かチンコを突っ込んだら「はいオレの勝ち〜」みたいな、意味不明の傲(おご)りがある/一般にセックスってそうやって楽しんでるの? 正直まったくその感情がわからん。
また、その意味不明のチンコ感情に、女の側もオマンコ感情で応えて落ち着くというところがあって、これが僕はキライなのだ、女のほうがさっさとオマンコになりたがっている素振りを見せることはよくある/またその性分につけこんで女の上にのしかかり、「ハイ女心〜」と思っている男が増えるのも、僕はキライなのだ、これは僕が悪いのだろうが、そっち系のパターンはもうかなり昔に飽きてしまっており、今さら盛り上がられてもげんなりするのだ。

これは、あきらかに僕のほうが近所迷惑なのであって、つまり僕は、男女平等どころか女の子たちに隷属するオモシロ虫として向き合ってきたのだが、その結果、陰茎と女陰で「ハイ決着〜」ということはせずに、よりにもよって男の神霊力()と女の神霊力()をフル出力で対決させあうというやり方をしてきた、そりゃあ確かに男尊女卑にはなりっこないけどさ……/しかし結果的には、こちらのほうがメチャクチャになってしまうのは当たり前であって、僕は男女平等というからには、女性のほとんどはこのていど簡単に付き合えるのだと思っていた(アホだ)。
マジにそう思っていたので、そのことはこれまで何十回も、周囲の女性たちに叱られてきたのだ、「こんなバケモノが手加減なしにフル出力してくるものに、女がどうしろと?」と、いよいよ本気で叱られたので僕も本気で反省している、しかし反省はしたとしても、その後どうしたらいいものやら……ということでぼんやり困り続けている。
とりあえず、僕はおとなしくしていると割と評判がいいので、いろいろサボろうとは心がけている、僕がサボろうかなというと「ぜひぜひ」と言われるのも逆にどうかと思うのだが/何せよ、僕は、アダルトビデオで見る男の腰の振り方がゴーマンな感じがして好きじゃない、あれを「男らしさ」と言われるとさすがにそれは弁当箱に特製ベニテングダケソースを入れてやりたくなる。
そして、そのゴーマンな腰振りに、屈服して楽になろうとするウッフン女の気配があるのもきらいだ、中には男女平等を主張する女当人こそ、ゴーマンな腰振りに屈服するオマンコの気配が滲み出ていて、またそれを男どもがニマニマ見ているというような構図もあって、僕はそれらにきらいというより「ヒマすぎるだろ」と言い立てたいのだ/「ゴーマンな腰振り」というと「ゾクッとします」というようなしょーもないパターンは男も女もやめような、ガキじゃねえんだから。

僕は自分のエロビデオの閲覧履歴のすべてを世界中に開示されても何とも思わん。

まあ、あまり変態的な趣味はないので、王道か、一部にはロリ系に偏ったものを観ているぐらいで、あまり面白みはないだろうが、しかしこんなものを暴露されたところで、いったい何が恥ずかしいのかおれにはさっぱりわからん、別にオナニーしているところを世界中に配信されてもおれは何とも思わない、ただそんなもの人を不快にするだけなのでわざわざこちらから見せてかかるわけはないが、もし放映されたらびっくりするぐらい「つまらん」と思うぜ/いったいセックスに「淫靡」を覚えている人は、どのへんに淫靡さを覚えているんだ、頼むから今さら「堕落、したいの……」みたいなのはやめてくれよ、どうせ本当にゲロを吐くのはマジモンの神霊力()を食らったときなんだから。
ゴーマンな腰振りをする男、その、チンコをマンコに入れたら「ハイ勝ち〜」みたいな傲り方で出てくる感情は、何かふだんよっぽど優越感に飢えているからなのかね、またその優越の下敷きになって特別な気分になるのが得意な女もどーなんだ、こんなことで「オトコとオンナ」とか言っているとめまいがするので、もっと健全にやりましょうや/男女に身分はあると思うけれど、まさかその身分を「おらおら」と「あんあん」に帰属させるつもりじゃないでしょ、どこの詩文にもそんな男女像は示されていないし、ルーブル美術館にもそんな男女像はひとつも展示されていないでしょ。
えっちはいいよな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |