☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 本当の問題は、致命的なほど「さびしい」ということ | TOP | 季節は汗を掻き、大気の声が満ちている >>
「わたしの生きた時間」が得られるわけではない
「あなたがいてくれることが、わたしの人生の幸福なの」と、言ってもらえることがない。
「お前がいてくれることが、おれの生きる動機だよ」と、言ってもらえることがない。
クソほど繰り返して観てしまう映画がなく、クソほど繰り返してしまう思い出話の共有がない。
仕事であろうがなかろうが、「気づいたら朝だった」と没頭できるワークがない、「気づいたら朝だった」と語り合える話と仲間がない、食らいついて土下座してでも学びたいテーマがない、どれだけ飲んでも「こんなことになってやるぞ」という歓喜のヴィジョンが湧いてこない。

LGBTにせよ受動喫煙にせよMetooにせよ、今ある流行のすべては、「これまで見えていなかった迷惑と被害にズームインした」にすぎない。
被害を軽視していいわけではないが、いくら被害を圧縮したところで、「わたしの生きた時間」が得られるわけではない。
ホワイト企業に入り、筋トレで身体を鍛え、ボルダリングで汗を流し、瞑想で心身の安定を得たとしても、それらの快適さと充実が、「わたしの生きた時間」になるわけではない。
これまですべて、「目に見える充実にズームインし、見えていなかった被害にもズームインする」ということへ進んできたのたが、ズームインは同時に視野狭窄の手法でもある、拡大されたぶん周辺の情報は外へ追い出されていくわけだから/そして今さら、ズームアウトをして全景を見渡すのはいやなのだ、ズームインされた視野角の中は完璧なのに、ズームアウトされると全体がガタガタだということがバレるからだ。

「充実最大、被害ゼロ」、この理想的で好ましい男を、あなたは決して愛さない。

あなたの愛する男は、むしろ「何をやってきたかわからないが、没頭してきた、さまざまな被害者だったかもしれないが、でもおれの生きた時間だったから」という男だ、こういう男がもし「そうしたすべてが、お前とこうして出会うためだったのだとしたら、たぶんおれは肯定できるどころか、おれの人生はサイコーなのだと思う」と言ってくれたら、あなたも「わたしの生きた時間」を得られるだろう。
「わたしの生きた時間」を得るのは、そんなに簡単なことではない/問題点と解決策を欲しがるのは、気持ちが前向きだからではなくて、問題点と解決策にズームインして全景を観るのを避けようとしているだけだ。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |