☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< おのれの身と顔面が「グロ化」する現代 | TOP | 「クソたる自分」2 >>
「クソたる自分」
近のテレビは面白くなくなったかもしれない。
あなたの両親には愛がなかったかもしれない。
○○はもうオワコンかもしれない。
△△には、非はあるけれど、再起のチャンスを与えてあげるべきかもしれない。

で、あなたは。
あなたは何の批判にも晒されない。
あなたは、掛け値なく面白いまま、四方八方に愛があふれていて、今こそおっ始まったコンテンツ、非を持たない何かの功労者なのか。
何を笑っているの? 僕は泣きながら生きてきた/僕にはあなたの調子がまったくわからない。

僕は「クソたる自分」を打破するために生きている、あなたは「クソたる自分」とは言わないな。

あちこちのテーブルで、「○○ってさあ」と意味ありげに話しているのが聞こえる、○○は自分のことではないのに/「ブスってさあ」と自分たちのことについては話し合わない。
他者への批判は威力的なのに、自己への批判は感情第一的なのは、何かよくわからないな、それはあなたの自己だけが特別で、何よりも敬意が払われるべきものだからか。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |