☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< あなたが楽しくなる方法 | TOP | 40000 >>
他人のことなんか知らなくていい
人のことなんか知らなくていい。
インドのガンガー(ガンジス川)に行ったことがあるか? 夕暮れになると祈り(プージャ)が始まるのだが、人がわらわらと集まってきて、こんなもん他人のことなんか知ってどうするんだよ。
他人のことなんか知らなくても、もともとつながっているでしょうが、「つながらなきゃ」みたいなのはもう初めから穴に落ちている証拠でっせ。
インド人は祈っているだろ、僕は美女と美少女を愛しているのだ、雲は夜空を流れているだろ、ほーれつながっているじゃないか、乞食のガキどもはスタタタと川辺を走り抜けていくぜ。

他人のことなんか知らなくていい。
他人のことを、知らないと愛せない・愛されないというのは、もう何かその時点で、すげー負けフラグの感じがするだろ。
ガパオライスを食い過ぎのナゾの外国人と目が合って、ネオンライトの下で言いうるのは、「知〜ら〜ん〜わ〜」の一言に尽きる、だって本当に知らねーんだもの、知らねーけど大好きだよ、たぶん詳しく知るとあんまり好きじゃなくなるだろうな、他人を知るのなんて新聞記事を読むみたいなことだからな。
フラッシュライトは光るのが仕事だ、おれたちの仕事は? まさかフラッシュライトに眼を細めているのが仕事じゃねえよ、おれたちもそれぞれ光るわけだろう、何のために光るのかって、そんなもんフラッシュライトに聞いてこい、「アホか」とバカにされるだろうよ。

識化したら穴に落ちている。

あなたこれ、読んでいて、文章だなあって感じがする? まさかしねえよな、ということは、楽器だって楽器に聞こえたらダメだし、音楽だって音楽に聞こえてはダメ。
他人のことを知ろうとするから、識化して、楽器は楽器に聞こえてしまい、音楽は音楽に聞こえてしまうの、知らなくていいってほうが気が楽なんだからいちいちヘンな抵抗をするもんじゃないよ、フラッシュライトくん。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |