☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 社会幻想と野垂れ死に | TOP | ポル・ポトが理想的全体主義社会を希求して市民を殺しまくった理由 >>
幻想の停留所
定時刻は必ず来る。
そりゃ時刻は来る。
ただ予定は来ない。
ヨソが運営するバスじゃねえんだ、時刻は来ても予定は来ねえよ。

バスは社会的なモンだから、予定時刻どおりに予定のものが来てくれるよ。
だがあなたが十八になっても青春は来ないし、二十になっても就職は来ないし、二十五になっても結婚は来ない、三十になっても学門は来ないよ、あなたの青春は京急と契約しているものじゃないんだから。
予定時刻といって、時刻だけは自動的に来るよ、「社会が悪い」という側面があったとして、そもそも社会があなたのところに何かを運んでくることは決してないよ、バスと電車しかこねえと思っておきなよ。
たまに停留所で待っている人を見るのだが、あれは何をやっているんだろうと、見ていて怖くなるよ、スマイルでいるぶん逆にね。

毎夜獲得している奴を予定とはいわない。

毎夜獲得していないのか? まさかとは思うが、ビートを待っているんじゃなかろうな、地球の中心にいかないとビートはないぞ、街に行けばビートがあるのじゃなく、ビートがあるから街が作られるんだぞ。
別にどこかに行こうという話ではなく、このビートの中にいて、どこにも行くなって話だ、どこかに行こうと言い出したらそれが「予定」になっちまうだろ、そうしたらまた幻想の停留所で待ちぼうけするヒマな日々になっちまうからさ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |