☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ポル・ポトが理想的全体主義社会を希求して市民を殺しまくった理由 | TOP | われわれが痛みの餌食になる方法 >>
一羽の鳳凰と孤独が大勢

メリカの保険会社と調査会社が、二万人を対象に調査したところ、アメリカ人の43%は、「人間関係は無意味」と感じているそうだ(2018年5月)。
その他、25%は「自分を理解してくれる人がいない」と感じているとか……まあとにかく、「人間ってクソやわ」が蔓延しているということだろう/43%が「人間関係は無意味」と感じているとか、リアルに滅茶苦茶ヤバいやつやん。
今から十年ほど前、2007年、ユニセフの調査によると、日本の子供が感じている「孤独感」が、先進国中でぶっちぎりのトップだった(三人に一人の子供がガッツリ「孤独」だと答えている)わけだから、日本人の感じている孤独感や人間関係のむなしさだって、水面下でドエライことになっているだろう。
ちなみにアメリカの調査によると、孤独感うんぬんは、SNSを使っているかどうかには何も関係ないそうだ、とにかく絶望的な孤独が進行しているという状況だけがある/実際僕も、表面的な「リア充」の女の子が、水面下でまったく逆のことを見つめているという話を、これまで何十回も聞かされてきた、だからこれはどうやらマジのことのようだ。

考え方を逆にしてみよう。
というのは、実は、僕はよく心配されるのだ、「九折さんは天才すぎて、孤独なんじゃないでしょうか」「同レベルで話ができる人がいなくてかわいそう」と、まあ確かにそういう側面もあるかもしれないが、この発想を逆にしよう。
つまり、孤独なのはおれじゃなくてお前らだということ、そう言われたらそれなりにギクッとするところもあるんじゃないのか、ただしくれぐれも、深刻な気分になることは何の意味もない、学門もないくせにシリアスぶるのはやめような、小鯛の笹漬けでも食ってろ(ウマイ)。
現代人にとって、内心で「孤独」というのはよくわかるだろうが、それを「どうしたらいいか」は、さっぱりわからんだろ〜(ざまぁみろ〜)、まあみんなで揃って100億円ぐらい積んでくれたら解決法を教えてやらんでもないのだが、たとえ教えてやったところで実現されるかどうかだな/初対面の人と同じ歌を唄ったことはないか? そのときはものすげえ感動するぜ。

「全員」という事象を知っているおれを、鳳凰のように保護しろ。

現代、あちこちで「炎上」が起こっているが、炎上に人々が群がっているのは、もはや野合でもなくて「孤独が大勢」にすぎないじゃないか、その貧しさたるや、ペンギン村にさえ大きく劣るところだ、どうしたらいいかはホントにわかんないだろ?/そりゃ「全員」という事象へ届いているビートを感得できないとやりようはゼロなのだから、あまりデカい面さげていないほうがいいぜ。
「みんなで」なんて、つまんねーことをおれは言わないぜ、だってそういうことじゃねえし、幼稚園の先生じゃないんだからよ/ただ「全員」の事象だ、全員の目の前に一羽の鳳凰が飛んでいる、その映像がイメジされるのではなく、そのときのビートが聞こえてくるかどうかだ、これを鳳凰理論と呼ぶことにしよう(そのとき孤独が消し飛ぶ世界が現成する)。

バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |