☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 合理的なアクションを取ること | TOP | 大吉探し >>
魔を跳ね飛ばすのはアクティブネス

中に通り魔が現れたとして、通り魔が工事現場のおっさんに飛びかかるという例はない。
工事現場のおっさんが屈強ということもあるが、それ以上に、工事現場のおっさんがアクティブだからだ。
アクティブネスの真っ最中にあるおっさんに、チンタラした通り魔が襲いかかっても勝ち目はない。
「魔」に対する最強の防壁がそれだ、チンタラしておらずアクティブネスの真っ最中というのが防壁だ、魔はその防壁に「はぁ?」と言われるのに一番弱いのだった。

強い奴が通り魔にはならない、魔というのは必ず弱い者に取り憑いているものだ。
だから誤解してはならない、魔の取り憑いた者が「ウオー」という表情だったとしても、必ず弱いから取り憑いているのだ、そのときは必ず相手の「弱さ」を見ろ。
魔の取り憑いた者は、一見すごそうに見えるが、フェイクだ、実は立場はすっごく弱くなっているのだ、立場の強い者に魔が取り憑いたりしねえよ、馬力がないから「ウオー」なんだよ、本当は孤独に落とされることが怖くて内心でひどくビビっている。
魔を跳ね飛ばす最強の防壁は、アクティブネスを保っていてやることだ、こっちが気力を上げっぱなしでいくと、魔は打つ手がなくなるんだよ、魔は湿っぽいものには取り憑けるが、バネみたいな奴には取り憑けないんだ、「噛み合わない」という状態になったら、必ず魔のほうが弱いもんだぜ。

魔が来たら足元に土下座させろ。

実はこの構えが、魔に対する特効策なのだ、魔の側は実は自分が弱いということを知っているから、自分が土下座させられる気配にどうしても弱いのだ、<<本当はアクティブなものに土下座したがっている>>、<<従いたがっている>>というのが「魔」の正体なのだ。
魔の側が実は弱いということを忘れるな、そのとき限りで強がっているだけで、裏側ではいつも弱っちいのだ/冷静に見れば、相手がどう弱くなっているか、その理由は必ず透けて見えるはずだ、本当は従いたがっていて、安心したがっているのだ。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |