☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 第一のカルマ、「自己の死」についての恐怖 | TOP | 1/1000の美女 >>
第一のカルマ、「自己の死」についての恐怖2
じパターンが繰り返されるのは、不毛な上にダサいので、ここにササッとまとめてしまいたい。
僕のオモシロ話には、真理が含まれるので、聴いていると正気に返るのだが、正気に返るということは、同時に「自己の死」も見えてきてしまう、ということでもある。
カルマから離脱した話アンド声を聴くということは、「世界を視る」ということにつながってくるが、世界が視えたらそのぶん、「自己の死」というアタリマエのやつも視えてきてしまうということだ。
それで、これまでに何度も、「僕のことを慕ってくれていたはずが、途中で反転し、泥をかけて遁走する」というパターンが出現している、それは別にかまわんのだが、自分のビビリをほっかむったぶん、反動としてよくない運を引き込むから、ほっかむりはやめたほうがいい/「自己の死」という基本中の基本に実はめっちゃビビっていますという人が、やたらとそのことをほっかむろうとするのはなぜなのだろう、最悪に運が悪くなるからこのほっかむりはおすすめしない。

世の中の色んなところで、別に楽しくもないはずの、「何やってんの」という騒動が、過熱的に生じている。
それらの騒動は、ほとんどすべてと言ってよいが、「自己の死」という第一のカルマから眼を背けるために生じている。
騒動のすべてはシリアスなのだが、そのシリアスさの根源は、騒動そのものにあるのではなく、「自己の死」という第一のカルマの恐怖にあるのだ、あまりにも多くの人が、この恐怖から逃れるために何かをガンバっているふりをしている。
誰だって、せっかくの人生だから、正気で生きていくべきなのだが、本当に正気に至ってしまうと、「自己の死」が視えてきてしまうのだ、それでアワワワとなって、わざわざ騒動の種を探す、騒動の種を探してきて、わざわざ大火事に拡大しようとする/すべて、最も根源たる恐怖から眼を逸らすための一時的な工作にすぎない、われわれはこうして態度の割に実際にはまったくご立派な身分ではないのだった。

怖がりのツケはほどほどに。

ほどほどにしておかないと、本当にもう償却不可能な量になってしまう、人は己の怖がりによって本当のこと(アンド本当のもの)をキックしてしまうのだ、キックすればそのときは気楽になれるが、そのぶんまた余計なカルマが溜まってしまう。
かといって、まあ、本当のこと(アンド本当のもの)をモロに摂取し続けると、「自己の死」を含めたガチで怖いものに生身で直面することになるので、それでは身がもたないという現実問題も出てくる、だからまあところどころに気休めも挟んでだな、なるべく本当のことアンド本当のものをキックしないようにこころがける、そのために年をとっていくというならまあ加齢というのも悪くないんじゃないか。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |