☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「創る」ということは「間違う」ということ | TOP | ハッピーライフと「研ぎ澄まされた時間」 >>
エロめの彼女の、夏ペーペーのskirt!
だってバカじゃないので、状況があるのはわかっている。
だが状況は常に正しくはない。
だから僕は、正しいことを取り下げない、たとえ僕一人だけ孤立しても、僕は正しいことを取り下げないだろう。
それは僕が、正義の徒だからではない、僕が生き抜いていくためだ、迎合させられた上に殺されるのはカンベンなのだ。

生まれながらのエロい奴、かわいい奴っているもんだろ、そのエロい奴に、エロいのをよこせって言ってんの。
それは、僕がエロのバケモノだからじゃない、あなたがエロのバケモノになってしまわないためにだ、エロがやがて平和でなくなることを、僕はたいへん厭(いと)っている/エロかわいいは存分に遊ばせないとやがて毒の香水になる。
何をどうこうしろってことじゃない、僕があなたに、エロかわいいからエロをよこせと言いつけている、あなたはただそれを受けて、受けるだけでいい、何をする必要もない/僕がスカートをめくるのを、あなたはかわしてよくて、重要なのは僕があなたのスカートをめくりにかかり、あなたがそれをよろこんでかわすということだ。
あなたはスケベに口説かれるのです、僕はスケベに口説くのです、そこに何も起こらなくていい、あなたが口説かれることが重要で、僕がフラれることが重要だ、それが出会ったっていうことだから/あなたのエロかわいいが不穏な毒になる前に、潮風や太陽に当ててやることが重要です、あなたのエロかわいいは、食いものにされるためにあるのでは決してないから。

ありったけのエロをよこせ、それを重視しないことを約束してやるから。

キケンなことは、エロかわいいをよく遊ばせないうちに、一部の勢力からそのエロかわいいを「重視」されてしまうことなのだ、それを「重視」するのは男だけじゃない、あなたの母親や、苦しみ始めた年増もそうだ/あなたが魅せる夏ペーペーのskirtの前で、そこに「夏」を見ず「エロ」を見るようになったら、もう「重視」が始まってしまったのだ、そんな連中から利益を得るより、僕に向けて大損をしてくれ。
こんな言い分に、何の賛同も得られないことぐらい、僕だってわかっている、この「状況」だ、しかし僕は正しいことが含まれているこのやり方を、けっきょく取り下げないだろう/あなたがまともで僕がバカなのだが、僕がバカでなくなったとき、すべての明るい道は閉ざされるだろう、さあ僕は言ったぞ(聞こえただろう)、ありったけのエロをよこせ。
できるオンナだね | comments(1) |
コメント
最高です、先生!
2018/05/30 11:20 PM by メロン
コメントする










| /PAGES |