☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< エロめの彼女の、夏ペーペーのskirt! | TOP | チャンネルが少ない僕はあなたの恋人 >>
ハッピーライフと「研ぎ澄まされた時間」
だって、たとえば家に猫がいるので、その猫とウリウリしているところの動画でもアップロードすれば、「ああこういう人なんだ」と安心してもらえるかもしれない。
僕の、猫へのウリウリ度、ましてや犬へのウリウリ度なんかアップロードした日にゃあ、たぶんあなたの想像していた人とはまっっっっっったく違う人なんだと、びっくりすると思うぜ、しかし僕はそういう方法を採らない。
別にそういう方法が悪いわけじゃない、まったく健全でビューティホーな方法だと思っている、が、その方法はその方法で、実はキケンがあるのだ。
家族や、友人や、同窓生や、ワンちゃんや猫ちゃんと、仲良くウリウリするべきだ、そうしたものは自他共に向けて多大な「安心」を与える、だがそうして「安心」が発生する以上、その背後には別のこともそれなりに起こるのだった。

何もビビることはない、仲良しウリウリがほとんど最上のものなのだから、そのことを最も大切にしたらいい、ただ、だからこそ、僕のような人間は、その逆のことをカバーしなくてはならないという、役どころを弁えているだけだ。
仲良しウリウリは最上の安心で、最も大切なものだが、人は「安心」だけで生きていけるわけではビミョーにないということだ、人が生きるということは、どこか徹底して「研ぎ澄まされた時間」を持ちたいということを含むのだが、「安心」の中では、この「研ぎ澄まされた時間」は得られなくなるという欠点もある。
この欠点は、ごく微弱な欠点でしかないが、微弱なくせに、積み重なると「決定的」な欠点でもあるのだ、それは、「研ぎ澄まされた時間」がないと、「安心」の時間のほうもなぜか形を失って瓦解してしまうということだ。
たとえるならば、海原を往く幸福の大船だと捉えればいい、幸福の大船は沈没の見込みもなく安心だ、だがその「安心」だけを最大にするなら、大船を陸上に置けばなお「安心」であるはず、にもかかわらず、大船を陸上に置くと何かが失われてしまう/大船の下にはとてつもない深さの海溝があり、だからこそ大船は幸福と安心の大船でありうる、そのことのために、僕は深い海の底のような話を続けているのだ、僕までハッピータレントをするのは全体のバランスとしてとてもキケンだ。

99%のハッピーライフを獲得せよ、そしてあなたが100%生きるということは、残りの1%にも向き合うということだ。

ハッピーライフほどすばらしいものは他にないが、それがこの上なくすばらしいからこそ、ハッピーライフの中に「研ぎ澄まされた時間」を持つなんてことは、不似合いかつ不可能だ、あなたが100%生きるということは、何よりハッピーライフを尊ぶということだが、残りの1%も、同等に尊ぶということだ。
この、「ハッピーライフ」と、「研ぎ澄まされた時間」の割合は、人によってそれぞれだ、たとえば戦場に行き続けた傭兵なんかは、仲良しウリウリとは真逆の割合なのかもしれないな、だがどの割合が正しいということもないだろう、きっと100%生きるというのは誰にとっても同等程度にむつかしいことだ、あなたも傭兵も同等程度ということだ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |