☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ハッピーライフと「研ぎ澄まされた時間」 | TOP | 常識に帰依した本人の迷子 >>
チャンネルが少ない僕はあなたの恋人
々ナイスなことがあって、新しい方針を……きれいに決められそうだが、まあそんなことを報告してもしょーがない。
スイスのマジメな学者さんたちが研究したところ、脳みそはその情報処理を「11次元」の構造で行えるそうな(→参考記事)。
物理的には、超弦理論(M理論)によってこの宇宙が11次元だと解明されたので、そのことになぞらえてウームという気がするが、それ以前に思うことがある。
仏像に、あくまで現世利益を祈願した「十一面観音像」というのがあるが、あれはかつての超絶天才たちが、「脳みそのはたらきって11次元だよね」と看破していたということだろうか? かつての超絶天才たちって、体感だけでそういうことを看破したりマジでするからな、もうどんだけ勉強しても追いつかねーぜとあらためて思うのだった。

文章に明るい灯火を……ということは、以前からやっている(あなたが目の前に見ているとおりだ)。
この時代を、味方につけないといけない、この時代は映像と通信テクノロジーの時代だ。
言葉は、言葉でしかないし、映像は二次元だし、音は音波だ、あらゆる芸術というか、すべての「方法」は、実際の宇宙から次元を「減らした」ものとして使われている、わかりやすく映像でいうと、今のところ映像というのは、三次元のものをわざわざ二次元に「(次元として)減らす」ということだ。
この次元逓減が、何を意味しているかまだわからないのだが、「何かあるな」という感触だけがしている/次元に注意して、何であれ明るい灯火を。

暗い人は次元違いをしている。

われわれはなんとなく、三次元より四次元のほうが「偉い」という気がしているが、これがとんでもない誤解なのでは? われわれは、仮に聖書的な永遠の国から追放されたとして、それは0次元の国から11段階も下に突き落とされたということじゃないのかね、じゃあ次元が増えたら偉いどころか「ダメ」じゃん、実は三次元より二次元のほうが「偉い」のでは?
計11チャンネルのカルマが足を引っ張るというだけじゃないのか、「筋違いなチャンネルが開いているから集中も進歩もねぇんだよバーカ」と言ってみると、これはなかなか有効な感触がある。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |