☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 意味のない記事ホェェェェェ | TOP | 日本代表選手たちの試合は、われわれが消費して愉しむコンテンツか >>
いいえ、だめだね。
の夏の気配……
「だめだね」というのは、否定ではない。
否定ではないが、完全な否定だ、なんというか、否定ではあるが、呵責しているのではない。
人は、出会わねばならない、出会うほうがよいという意味ではなくて、向けられた愛のぶんだけ、出会わなくてはならない。

このご時世、防御的になるのが合理的だ。
だが、時世そのものが間違っているので、時世に対して合理的だと、時世もろとも自分も間違うことになるしかない。
向けられた愛を、断るのはいい、断るのは当然だ、でも向けられただけ、きちんと出会って、その上で断らないといけない、その理由については「問答無用」の領域にある。
どれだけ慣れていないのか知らん、どれだけ事情があるのか知らんが、そんな事情は斟酌してもらえない、これは鉄の掟だ、向けられた愛のぶんだけ出会うしかない、さもなくば永遠に夏の匂いを失う、そういうルールなのだ。

愛のない出会いはインチキさんになるし、愛に出会いで応えないのもインチキさんになる。

さまざまな事情を取り出して、誰もが誰とも出会わないがごときに生きているが、たとえ全員がそうなったとして、そのときは全員が間違いだ、全員が罰されるだろう/向けられた愛と応える出会いの深さは等価でなくてはならない、ここに債務不履行を残したものは長い時間をかけて必ず代償を支払わされるだろう。
間違いだったのだ、そして「だめ」だったのだ、向けられた愛には応えないと、知識や経験があろうがなかろうが/愛に応えなかったことは、愛を偽ったことと等価だから、そのぶん必ず偽りの愛に付き合わされることになる、そのことを呵責するような鬼には僕はなれないが、それでもそれが「だめ」ということは、絶対的な知識として断言しておく、僕まで一緒になってウソを言うわけにはいかないからな。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |