☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< バシッと光るものを見た | TOP | 何が「出会って」いるか >>
正しい知識はいくらでも矛盾する

しい知識はいくらでも矛盾する。
それはわれわれの知性がしょせん表面的なロジック(識)に執着するからだ。
男の愛は女に許されることでしか成り立たない。
男の夢は女に許されることでしか成り立たない。

もちろん「お願い」で許してもらえるわけはない/「お願い」は最もクソッタレだ。
僕の夢を叶えておくれ/その夢はいつのまにか、僕の願望や希望ではない、僕に突き込まれた何かだ、僕はそれに素直であろうとした。
僕が素直になりきれたとき、一部の女性が確かに、一も二もなく「そりゃ許すわよ」といって、常識はずれな夜が始まった、あのときそういうことをしていたし、これからもそういうことをしていかねばならない。
男と女で、明らかに僕のほうが身分は上なのにな、それでもなぜか僕が女に夢を見て、女がそれを「許す」のだ、愛のカミサマはわれわれの認識する愛とはまったく違う仕組みを持っている、女はただ困った男を許すだけで、それなのになぜか男のほうが身分は上だ/正しい知識はいくらでも矛盾する。

おれのほうが偉いのだが、おれのほうがはるかにバカで、女はこれを許さねばならない。

そういう構図なのだ/おれのほうが明らかに偉いのだが、おれのほうがはるかにバカなのだ、だから、おれのほうが偉いにもかかわらず、生殺与奪の全権は女の側にある、だから表面上は理屈が矛盾しているように見える。
おそらく、この表面上の矛盾に引っかかった愚者が、一方では権威的な男尊女卑になり、一方では倫理的なフェミニズムになったのだと思われる、そして男は賢明に「お願い」をするようになってしまい、女は男の最もステキなところを見られなくなってしまったのだ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |