☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 何が「出会って」いるか | TOP | 0%の努力 >>
何が「出会って」いるか2
高くに、何か風船が浮かんでいたとする/「なんだろあれ、フシギだな」と見上げている。
そういうときに、「なんだろうね、あれ」と誰かが/もしくは「何を見上げてるの?」と誰かが、そういう形で人は「出会って」いる。
「耳を澄ませば」というアニメ映画観た? 作中にはムーンと呼ばれる猫が出てくるが、あれはあの街のトトロであって、子供たちと一部の大人たちにしか「視えない」のだ(作中をよくご確認ください)、そして月島雫と天沢聖司はこの霊的存在の「目撃者同士」として出会っている。
スマートホンをずっと覗き込んでいると、このトトロ(霊的事象)を視認する能力を失うのだ、そうすると、立場やアカウントは接続するのに、お互いは霊的に接続しないままになる、それでお互いの存在が次第にストレスになってしまう。

まあ、出会いの背後に、何かを「見ている」ことが作用しているのだが、これが悪い場合は、背後に「魔」を見ているというケースもある/「魔」を見てしまった二人も、急速に「出会って」しまうということがやはりある。
女性は、単独では、やはり「魔」めいたものを目撃してしまうことのほうが多い/高校球児らが甲子園球場という場所にナゾの英霊を視ることはまったくおかしくないが、女性がそういう英霊を視るケースは少なく、高校球児の裏側で、思春期の少女は森や湖にわけのわからん魔物を見ていることがよくある。
うーん、だから、最大に短絡していうと、おれの見ているものをさっさとテメーも見ろよ、ということになる、もともと背後にその作用があるから、あなたはこんなわけのわからんやつの話をえんえんと聞いているのだろう。
ただ、けっきょくは逆に行くパターンもあって、つまり、女の見る「魔」を、同じように見てしまう男と出会って、それと付き合っていくというパターンもあるな、それが悪いということではないが、ただ不穏なことではあって、そちらの道の先がどうなるのかについては、僕には知識がないのだった/ただそういう分岐があるということぐらい、年長者はアナウンスしていていいと思う。

僕の見ているものを見ろ。

別に僕に限ったことではなくて、何でもそうだ、あなたが岡本太郎の絵画を見物していても何も起こらないので、あなたは「岡本太郎の見ていたもの」を見るのだ、それが視えたとき初めて出会いが起こる。
ヘンなオカルトに傾倒しても意味が無い、場所や街や世界が視えていれば、ヘンなオカルトには用事はないんだよ、彼が「なんだこれは」と何かを見ているとき、その「なんだこれは」が視えていないのではあなたは彼に出会えないよ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |