☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 0%の努力 | TOP | 異性愛氷河期にて2 >>
異性愛氷河期にて
性愛が攻撃に晒されている。
同性愛のことは、僕はよくわからないので、ここでは申し訳ないが捨象する/異性愛が攻撃に晒されている。
つまり、男が、「女の子ちゃんたち、みんな大好きだよ!」と清潔に言うことを不可能にさせられ、女の子たちが、「男の方たち、どうかわたしなども愛してくださるように!」と清潔に言うことを不可能にさせられている。
もちろん男性は、「キミのことが好きだよ」とは女性に向けて言うだろうが、「女の子が好き」とは言わせてもらえない、「女の子が好き」とは言えないのに「キミのことが好きだよ」とは言わされるよう義務づけられているのは、非常にいびつで苦しい状態だ。

僕は今でも、「女の子ちゃんたちが好き」「女の子は基本全員好き」と言い続けているが、もし僕がこの言をやめたら、さすがに僕はオシマイだろう。
もし僕が、「女の子ちゃんが全員好き」と言わなくなったら、そのときは一切の書き物をやめるだろう、なぜなら僕自身、「女の子が全員好き」と言えない奴の書き話すことなんか、聞きたくないからだ、世の中の害毒にしかならんから引っ込めと自分で思う。
僕は男なので、女の子ちゃんは基本的に全員好きだ、「なんてカワイイんだ!!」としか基本的に思わない、それによって、もしすべての女の子が僕のことを「超キモイ」とキライになったとしても、僕の側は「女の子は全員好き」と言うのをやめないだろう、その点については、女の言うことなんか聞いてられっかよ。
かつて、「あなたはどういう女の子が好きなの?」と訊かれたとき、「女の子なら誰でも好き」と答えたことがある、怒られるかと思ったが、思いがけず「あはは、あなたってすごくやさしいのね」と笑われたことがあった/やさしいのかどうかは知らんし、そんなことに興味はないが、僕は「女の子なら誰でも全員好き」だ、女がおれのことをキライなのは慣れている。

僕はすべての女の子にハートを投げ、すべての女の子は僕に石を投げる、それが「平和」だ。

このことに何の問題がある? 石を投げる女の子が悪いのじゃない、女の子だから石しか投げられないのだ、女の子がハートなんか投げられるわけがないだろ、石しか投げられないから女の子なんだよ/地球上の石より僕のハートのほうが多ければ僕の勝ちになるという、ただそれだけのゲームだ。
「女の子は全員好き」という、サイテーなハートを、もうここに四千件も書いているわけだが、どんなミサンドリーでも一人で四千件も記事を書いて男を罵っているバカはいないよ、それはけっきょく向こうの弾数が負けるってことじゃないか、このゲームで降伏するのはおれの側じゃねえよ、物量作戦でおれに勝てるわけがあるか。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |