☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< (五感じゃないじゃん) | TOP | 仮称、「明るいうつ病」 >>
サタデー・ナイト・(    )
たパーティの告知を作るのを忘れていた、今回は何人くるんだろう、よーわからんがまあいいかという心地である、いやまったくよくはないのだが……
僕が何も言わないでも(告知なんか作らなくても)、わらわらっと人が来てくれたらそれでいいのだが、そうもいかないというか、まあそのへんは突っ込むと色々あるのでお茶を濁すとして、まあパーティはやるので、おヒマな人はいらっしゃってね、別に興味があるとは思わないが、それでいえばおれだって別に興味があるわけじゃない。
人はけっきょく、土壇場で「かっこいい」と信じることしか選択しないので、こんなものは強制できないし、けっきょく催促もできないのだった、このよくわからんパーティに、行ってみるというのが「かっこ悪い」と感じるなら、そりゃその人は無理にやってこられる理由がない。
僕のほうはというと、このよくわからんパーティを、続けないのはかっこ悪いし、やめたりしたら超かっこ悪いし、何か知らんがシレッと宣言どおり「やる」「続ける」のがかっこいいので、そのようにしているだけだ、そして内心でかっこ悪いことをごまかして生きると、その後の報いがえげつないので、僕はなるべくかっこ悪いことをしたくないのだった、そんなわけで今月もこの土曜日にはパーティをやるのであります、いやあ相変わらずおれは静かでアクティブでかっこいいぜ。

パーティで何をしたいかというと、そうだな、さしあたり重要なこととしては、超おだてられながら酒が飲みたい。
月に一回ぐらい、女におだてられながら酒を飲まないというのでは、男としてミガキニシンのように悲しいものだし、女のほうもどうだろう、女も月に一回ぐらい、男をおだてながらお酒に相伴するということぐらいなければ、女としてあぜ道のモリアオガエルのように悲しいのではないだろうか、まあおれは女じゃないのでわからんけれども。
おだてられながら酒が飲みたい、これだ、このアホなことを罵る者は、生涯に一度もおだてられながら酒を飲むということを得なくなるだろうし、このアホなことを謗る女は、けっきょく本職が焼いたシャトーブリアンを一度も口にせず人生が終わるだろう、そんなヒサンなことになるぐらいなら、何かまともにアクティブになったほうがいい。
このご時世、気分の悪い論争ツイートが数万もリツイートされるし、東横線沿いの盆踊りには髪の毛を盛った人たちがどこからともなく殺到してきて超自撮りしまくるのに、一方ではおれの名文はゼロリツイートだし、おれのパーティはさんざん煽らないと誰も来ないからなあ、その中でこそおれはかっこいいからまあかまわないのだが、とにかくおれはおだてられながら酒が飲みたいのだった、それ以外にパーティうんぬんに用事はない(当たり前)。

土曜の夜は、お互いどこかでかっこよく過ごそう。

炎上ネタをリツイートしたり、自撮りのイベントに行くことは、本当にかっこいいのだろうか、まあおれはそのことを審判できないので口出しできないが/ただ本当には「かっこいい」と信じていないことを、「かっこいい」と偽って続けていると、そのことはやがてとんでもないツケになるのだった、これだけはマジだから、お互いかっこよさにはウソのないようにいこう。
「イケてる風情」というのと「かっこいい」とはまったく別モノだから、本当にかっこいいものを選ぶべきだ、夏の土曜日は、途切れたらもう来てくれないものだし、おれはまだ遊んでいるよ、そうして遊び続けることが生命だと信じる人は、どうぞ怯まずタイトルの空欄を埋めてね。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |