☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ドアホにならないために(真面目な話) | TOP | ドアホにならないために(真面目な話)3 >>
ドアホにならないために(真面目な話)2

鍋の底は、釉薬が掛かっていないので、水洗いしないほうがいい、ひび割れの原因になるから……という「」を、金物屋の主人に聞いたことがある。
ライターのガスは、給入直後、すぐに点火しないほうがいい、ガスでメカが冷えているので、着火機構の具合が狂うから……という「」を、喫煙具屋の兄ちゃんに聞いたことがある。
目玉焼きを作るときは、卵をなるべく低くから落とし、卵に衝撃を与えないほうが、食感がグンとよくなる……という「」を、テレビ番組で聞いたことがある。
ステレオを組むときは、アンプの電源を、タコ足配線につながず一つだけコンセントにつないでやったほうが、電圧が安定して音に艶が出る……という「」を、ヨドバシカメラの店員に聞いたことがある。

「わたしは絶対に負け組にはなりたくないんです」というのは、何の「説」だろうか、「意見」ではないだろうか。
「こんなことは絶対許せません」というのは、何の「説」だろうか、「意見」ではないだろうか。
「えー、絶対うらやましい、わたしも行きたーい」というのは、何の「説」だろうか、「意見」ではないだろうか。
「○○が好きなんです、うふふ、すごくいいですよね」というのは、何の「説」だろうか、「意見」ではないだろうか。

土鍋と、ライターガスと、目玉焼きと、アンプの「説」は、あなたに入っただろうか。

知性の封鎖によって、「説」というジャンルそのものが、身に入らないという人があるのだ、その人は残念ながら、定義上「ドアホ」にならざるをえない。
あなたは若い頃就学し、部活も男女交際もし、その後就職し、その後結婚したり出産したりするかもしれないし、娯楽や趣味やスポーツもしていたりするかもしれないが、それらすべては何の「説」に立脚したものだったのだろう、そしてこれまでに、何の説が証されてきただろうか。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |